時候の挨拶で1月上旬で使いたい季節の言葉は!5日と7日でも違う?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

時候の挨拶には、時期によっていろいろな言葉があります。

新しい年のスタート、1月上旬(1~10日)には、年賀状で新年の挨拶をしていますね。

でもお歳暮のお礼状がまだ送れていない場合や、寒中見舞いなど、年賀状以外の個人の手紙のやり取りも残っている時期です。

1月ならではのイベントを行う自治体もありますね。

年賀状以外の手紙や文書で使える、1月上旬の季節の言葉を紹介します。

1月上旬の時候の挨拶のコツ

1月上旬には、特別な名がついた日が沢山あります。

上旬の中でも、一定の日をめどにして、使える季節の言葉がどんどん変わっていきます。

1月1日元旦:「新春」「初春」「新年」「年明け」「松の内」など
1月5日小寒:「小寒」「寒の入り」など
1月7日人日(じんじつ)の節句:「七草」「七草粥」など

7日までを松の内という地方があります(15日の地域もあります)。

その場合は、7日以降を「松の内も明け」と挨拶に使うこともできます。

もともとは15日を小正月と言ってこの日までを正月としていました。

最近では7日までを正月と考える場合もあります。

上旬の時候の挨拶でも、「お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?」という言い方もできますね。

Sponsored Link

親しい人への手紙に使える時候の挨拶の例文

個人の手紙でも、お歳暮のお礼状や寒中見舞いを出す場合には、時候の挨拶を使う方が礼儀正しい印象を与えます。

手紙を出す相手によって、季節の言葉を選ぶといいですね。

喪中のために年賀状を送らなかった代わりの挨拶、返信や集まりの招待状など、親戚や友人へのメールにも使うことができます。

挨拶は手紙に限らないので、知っておくと便利ですよ。

例文1:書き出し
「年も明け、穏やかなお正月をお過ごしでしょうか」
「気がつけば七草粥を用意する日となっておりましたがお風邪などひいていませんか」
「今年の松の内は穏やかな天気に恵まれており過ごしやすいですね」

例文2:結び
「これからますます寒くなるので、お風邪などひかないようにお気を付け下さいね」
「今年もどうぞよろしくお願い致します」

Sponsored Link

目上の人や上司などかしこまった手紙に使える例文

目上の方や上司に手紙を出す場合は、季節の言葉の後に、「~の候」「~のみぎり」「~の折」などをつけると簡単に挨拶の言葉になります。

例文1:書き出し

「初春の候、(○○様におかれましては)お健やかな日々をお過ごしのこととお慶び申し上げます」
「新春を迎え、ご家族でにぎやかな正月をお過ごしのこと存じ上げます」

例文2:結び

「本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願い申し上げます」
「小寒の候、くれぐれもご自愛くださいませ」

Sponsored Link

町内会などの文書に使える言葉

町内会や3学期早々に出すPTAのお手紙など、1月上旬に使える文例を紹介します。

「新年になりましたね。今年もよろしくお願いいたします」といったメッセージがいいですね。
新年らしいお手紙になります。

例文1:書き出し

「新春の候、町内会の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます」
「寒の入りを迎え寒さ厳しき折、皆様におかれましてはご壮健のことと存じ上げます」
「松の内も明け、はやくも学校に日常が戻ってまいりました」

例文2:結び

「新しい年のご多幸と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げますと共に本年も変わらぬご厚誼のほど、よろしくお願い申し上げます」
「新しい年も皆様にとりまして良い年でありますように。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます」

Sponsored Link

まとめ

新年最初に出すお手紙だと意識することで、1月上旬にふさわしい言葉を使った手紙になります。

書き出しには時候の挨拶を入れましょう。

結びには、相手の健康や幸せを祈ると同時に、1年の挨拶をするような文章がいいですね。

個人宛の手紙の場合は、書き出しの時候の挨拶の後に、お歳暮のお礼や寒中見舞いなどの本文を続けて書くとスムーズな展開になります。

親しい方への手紙なら、お正月に遊びに行ったイベントや、家族の出来事を書くことで、親しみのわく素敵な挨拶となります。

1月上旬は1年のスタートです。送る側も受け取る側も気持ちのいい手紙を送りたいですね。