時候の挨拶で3月上旬に使える例文!季節を感じる言葉とは?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ここでは、3月上旬に使える時候の挨拶の言葉を紹介します。

3月上旬にある行事としては、3月3日にひな祭りがあります。

また高校や短大、大学の卒業式なども3月上旬に行われることが多いですね。

祝い事や卒業のお祝い・お礼、贈り物に添える手紙を書くときに使える、時候の挨拶の書き出しと、それに釣り合う結びの言葉を紹介します。

例文も載せていますので、ぜひ参考にしてください。

3月上旬に使える時候の挨拶

3月上旬は暖かくなってきた季節を喜ぶような季語や言葉を選ぶといいですね。

暖かくなってきたとは言っても、地方によってはまだまだ寒さが残っていることもあります。

自分の地域の気候にあわせて、春を感じる言葉を使いましょう。

寒さを感じる場合は
「春寒」「向春」「解氷」「啓蟄」など
春らしさを表現したい場合は
「早春」「初春」「浅春」などが使いやすいですね。

Sponsored Link

3月上旬はいつまで?

旬はだいだい10日間を指しますが、厳密な区切りはありません。

季節を分ける二十四節気を目安にするとわかりやすいですね。

3月上旬にある二十四節気は、3月6日「啓蟄(けいちつ)」です。なんとも中途半端な日ですね。

ですので、3月21日の春分の日の前であれば、3月初旬から中旬まで先に紹介した時候の挨拶を使っても問題ありません。

「春寒の候、いかがお過ごしでしょうか?」や「初春の候、お変わりなくお過ごしのことと思います。」
などと使えば時候の挨拶はOKです。

春とは言っても三寒四温の気候ですし、地域によっても季節感が全く違います。

自分の感覚で言葉を選ぶといいですね。

Sponsored Link

初節句のお祝いを贈る時の挨拶

3月3日ひな祭りに初節句のお祝いを贈る場合は、親戚やごく親しい友人のことがほとんどでしょう。

ですので時候の挨拶といっても、あまり堅苦しく考えなくても大丈夫です。

書き出し
「春とはいえまだ浅く、寒さの名残が感じられる日が続きますね。この度は○○ちゃんの初節句を迎えられ、誠におめでとうございます」

結び
「季節の変わり目なので、ご家族皆様風邪などひかぬようお気を付け下さいね」
という感じが自然でいいですね。

Sponsored Link

卒業のお祝いを贈る時の挨拶

高校や大学の卒業式なら、卒業する本人が読むことを想定して、あえて少し大人っぽく書き始めてみるのもいいですね。

書き出し
「初春の日差し麗らかなころ、穏やかにお過ごしのことと存じます。この度は○○さん(君、ちゃん)が高校(大学)を卒業されたとのこと、お慶び申し上げます」

結び
「良き門出をお迎えになりますようお祈り申し上げます」
卒業のお祝いだけでなく、新年度からの新しい生活への激励にもなります。

社会人になった時に困らないように、例文のつもりで手紙を贈ってみるのも面白いですね。

お祝いの贈り物だけでなく、短くてもいいのでこのような手紙を添えると、より気持ちが伝わります。

ぜひ一筆したためてみましょう。

Sponsored Link

初節句のお祝いのお返しをする時の挨拶

初節句のお祝いをいただいたお礼の手紙を送る時には、感謝の気持ちを込めて丁寧な言い方を使いましょう。

書き出し
「ひな祭りが過ぎようやく春寒も緩み始め、一日ごとに暖かさが増してくるこの頃です」

結び
「寒暖の差が激しき折、ご家族皆様の健康をお祈り申し上げます」
身内の親しい方からいただいた場合でも、お礼はかしこまった感じが出る手紙にした方がいいですね。

卒業のお祝いのお返しをする時の挨拶

高校や大学の卒業のお祝いのお礼なら、卒業する本人に書かせてみのもいいですね。

書き出し
「解氷のみぎり、ようやく寒さも緩んでまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。」

結び
「春寒の折、お風邪など召されませぬようお気を付け下さい」
大人や社会人になればこのような手紙を書く必要も出てきます。

練習の意味も込めて本人に書いてもらいましょう。

お祝いをくださった方も、子どもの成長を感じて喜んでくださいますよ。

まとめ

時候の挨拶を使う時は、最初に紹介した「早春」などの言葉を使うとサッと書き出すことができます。

お祝いを贈る時のお手紙の例文を参考に、書き出しや結びをちょっとおしゃれに書いてみましょう。

残る寒さに気を配りつつ、やってくる春を感じる明るい言葉を選んで挨拶に使いましょう。

より一層気持ちが伝わる時候の挨拶が作れます。

お天気が変わりやすい時期であり、体調を崩しやすい時期でもあります。相手の健康について気遣う言葉を入れるといいですね。

時候の挨拶には季節感を大事にすることがポイントです。

前後の時期の言葉も参考にして、挨拶文を作ってみましょう。