白髪は抜くとはげるって本当?してはいけない白髪の対応

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

鏡などで髪の毛を見ている時、キラッと光るものが。

白髪を見つけてしまうと少なからずショックですよね。

白髪を見つけたら、迷わず抜くという人も多いと思います。

ですがその対処法、本当に正しい対応ではないかもしれません。

そこで今回は、白髪を見つけた時の対処法をご紹介したいと思います!

抜くと増えるはウソ?白髪の基本知識

白髪とは、メラニン色素を作る働きの衰えが原因で発生します。

黒髪はメラニン色素の働きによって着色され、作られているのです。

それが何らかの原因でメラニン色素が減少してしまうと、

十分に供給されなくなってしまいます。

すると、髪の毛に色をつけることができず、白いまま生えてしまいます。

それが白髪なんです。

白髪ができる原因は一つではありません。

・加齢

・食生活

・睡眠不足

・運動不足

・喫煙

・ストレス

など、加齢以外にも普段の生活習慣も白髪の発生の原因になっている可能性があります。

白髪が一度生えてしまった毛穴は、メラニン色素が十分に供給されなくなった状態です。

そのためその毛穴からは、黒髪が生えてくることはありません。

よく、白髪を抜いたら増えると聞いたことありませんか?

これは「ウソ」です!

白髪の原因はメラニン色素の減少によるもので、

白髪を抜く行為自体はメラニンの生成に影響を与えることはありません。

ですから抜く抜かない関係なく、白髪が生えた毛穴からは白髪が生え続けます。

そのため抜いたから、白髪が増えるということはありません。

ただ、ちょうど白髪が増え始める時期に抜く人が多いので、

自然とできた白髪を抜いたからできたと勘違いしてしまう人が多いようです。

Sponsored Link

白髪は抜かずに切るべき?

抜いても増えないなら抜いてもいいのか!

いいえ、それは違います。

たしかに白髪を抜いてしまえば、

生えてくるまでに時間がかかるという点ではいいかもしれません。

ですが、髪の毛を無理に引き抜くとことは、

頭皮にとって大きなダメージを受けることになります。

そのため、毛穴周辺の皮膚や毛細血管が傷つき、

頭皮の炎症を引き起こしてしまう場合があるのです。

さらには白髪を引き抜き毛根にダメージが加わり、

髪の毛がくせ毛になってしまうこともあります。

また、最悪の場合、髪の毛が生えてこなくなる恐れもあるのです。

それを防ぐためには、白髪は抜くのではなく切ることです!

抜くよりも手入れの頻度は多くなりますが、

切ることで上でお話しした炎症や髪質の変化、禿げの予防につながります。

Sponsored Link

白髪を抜いてくれる美容院もあり?

調べてみたのですが、白髪を抜くサービスをしている美容院も実際にあります。

なかには白髪抜き専門店というお店もありました!

料金は本数ではなく時間制となっており、5,000円程度で白髪抜きをしてくれるようです。

ですが、上でもお話ししたように髪の毛を抜く行為には様々なリスクがあります。

そのため多くの美容師さんも抜くよりも切ることをオススメしている人が多いです。

白髪の量が多いのであれば、白髪をいかしたヘアスタイルを提案してもらえるかもしれません。

また白髪染めで綺麗に白髪を染めたりとプロに任せておけば、

様々な方法で白髪を綺麗にカバーしてくれると思います。

まとめ

白髪は抜くと増えると勘違いしていた人が多かったのではないでしょうか?

実際は抜いても白髪は増えないというのが本当だったのです。

一度できてしまった白髪はなくすことは残念ながらできません。

ですから白髪を増やさないよう予防をしていくことが大切だと思います。

白髪の原因には生活習慣も大きく関係しています。

自分の生活習慣を見直して、白髪の予防につとめてみるのもいいのではないでしょうか。