育児中の上手な逃げ道作りの決定版!もう一人で悩む必要なし!

子育て逃げ道

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

子供とずっと一緒にいると、子供の相手に家事にとお母さんは大忙し。
 
 
心身ともに余裕がなくなってしまうことも多いですよね。
 
 
そんな時、ついつい一人で抱え込んでしまってはいませんか?

子育ては、お母さん一人でしなければいけないものではありません。
 
 
困ったときはSOSを出して、周りのサポートを受けるようにしましょう。

まずは一番身近な旦那さんに相談するのがベスト

育児は旦那と

子育ての悩みや、余裕のない自分の状況を、旦那さんに話してみましょう。

仕事が忙しく、なかなか時間がとれない旦那さんでも、話を聞いてもらって、
理解してもらえるだけでも随分気持ちが楽になりますよ。
 
 
休日等の時間があるときに、少しでもお母さんを休ませてあげようと
行動を起こしてくれるかもしれません。
 
 
私自身も、子供はとっても可愛くて幸せな毎日ですが、
息が詰まるような気持ちになってしまうこともあります。
 
 
そんな状況を夫に話してみると、
休日は夫が子供と一日中遊んでくれるようになりました。
 
 
一人でお昼寝をさせてもらったり、ゆっくりと入浴したりと
週に一度気持ちのリセットができるようになりました。
 
 
それだけで、一週間また頑張ろう!という気持ちになれますよ。

Sponsored Link

地域の子育て支援の利用はとても有効

子育て支援

子育て支援センターなど、無料で気軽に行くことのできる施設を
積極的に利用してみましょう。
 
 
同じような状況のお母さん達や子供達との出会いも沢山ありますし、
周りの子供達の遊んでいる様子をることは、子供にとっても良い刺激になりますよ。
 
 
支援センターにも様々なところがあり、
家にないおもちゃが沢山あったり、少し大きな遊具があったり、
保育園の園庭を開放してくれているところなんかもあります。
 
 
自分と子供に合った施設を見つけられると良いですね。

そして、支援センターには、保育士さんが常駐してくれています。
 
 
子育てに悩んだ時に、必ず力強い味方になってくれますよ。
 
 
私自身、人見知りでこの年齢になってから初めて知り合う人たちと仲良くなれるのかと不安でいっぱいでしたが、支援センターでママ友を作ることができました。
 
 
ママ友とは、今困っていることを共有して、お互いにアドバイスをし合ったり、
愚痴を言って発散したり。
 
 
同じような状況の相手だからこそ、理解し合えることが多く、
楽しいひと時を過ごすことができています。
 
 
保育士さんにもとってもお世話になっています。

些細な悩み事も親身になって聞いてくださいますし、
毎回的確なアドバイスをしてもらう事ができるので安心です。
 
 
同じことでずっと悩み続けなくて良くなるのも嬉しいですね。
 
 
また、私の通っている支援センターでは、
一回数百円で子供のおもちゃを手作りしたり、
お母さん同士でお茶しながら楽しくお話をしたりしました。
 
 
講師の方を呼んで子育てに関する無料の講習を受けられたり
といったイベントを週に一度程のペースで開催してくれています。
 
 
イベントに参加している間、子供は保育士さんが遊んでくれていたりと
とっても楽しくリフレッシュにもなって助かっています。
 
 
調べてみると、子育てに関するイベントはいろんなところで開催されているので、
積極的に参加してみると楽しいかもしれませんね。

Sponsored Link

一時預かり・ショートステイの利用

旦那さんも忙しく、実家も遠く、近くに友達もいない。
とにかく誰も頼れる人がいなくて息が詰まって仕方がない…
 
 
そんな風にどうしようもなく追い詰められてしまったときは、
思い切って一時預かりやショートステイを利用してみるのも良いかもしれません。
 
 
子供を一人預けるなんてかわいそう…
と気が引けてしまう気持ち、とっても良く分かります。
 
 
子供は私がしっかりみて、しっかり育てるんだ!
と意気込んでしまう気持ちも分かります。
 
 
でも、後ろめたく思う必要は無いのですよ。
 
 
私の通っている支援センターは、一時預かり所が併設されているのですが、
想像していたよりも多くのお母さんが利用しています。
 
 
自分自身の通院等の理由で利用しているお母さんが多いようですが、
心身の疲れで辛いときにも預かってもらえるので、遠慮なく相談してみましょう。
 
 
少しだけ子供と離れて過ごしてみてリフレッシュすれば、
一層子供と楽しい時間を過ごせるかもしれません。
 
 
お母さんが息が詰まってノイローゼになってしまう前に、
対策ができると良いですね。
 
 
実際にこのような施設を利用しなくても、
自分の住んでいる地域ではどのような施設があるのかや、
場所や利用条件等を調べておきましょう。
 
 
登録が必要であれば登録だけでも済ませておくと、
いざという時にすぐに預けられるので安心ですね。
 
 

このように、子育てはお母さん一人で抱え込む必要はありません。

お母さんをサポートしてくれる人やサービスは沢山あります。
 
 
心身ともに追い詰められてしまって、子供と笑顔で向き合えなくなるのはとても残念なことです。
 
 
気持ちを軽くして、いつも笑顔で楽しく過ごせるよう、
自分の逃げ道をあらかじめ準備しておくようにしましょう。