最近話題のふるさと納税って本当にお得なの?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

最近何かと話題のふるさと納税ですが、具体的にどんな仕組みなのかご存知ですか?

実際何がお得なのかや、詳しい仕組みなどはわからない部分もありますよね。

そこで今回は、ふるさと納税のお得なポイントやデメリット、何が人気なのかもまとめて詳しくご紹介します!

そもそもふるさと納税って?

ふるさと納税は、自治体へ寄付をした人の所得税と住民税を軽減する制度です。

もともとは自分の地元へ寄付をすることで応援できるという趣旨だったのでふるさと納税と呼びますが、実際は出身等関係なくどの自治体にも寄付することができます。

そして寄付することでそれぞれの自治体が考えた特産品などのお礼の品がもらえます。

お礼の品がもらえて、なおかつ税金の削減もできるのであればそれはお得ですよね。

Sponsored Link

ふるさと納税が税金対策になるってホント?

結論からいうと節税対策になります。

ただし考え方によっては、なのでご自身での判断は必要です。

なぜかと言うと「寄付をする」という点で意見が分かれるためです。

例えばふるさと納税で1万円の寄付をすると2千円を差し引いた金額、つまり8千円全額が控除の対象になり、選んだ自治体の「返礼品」を受け取ることができます。

ですので、実際に自分で1万円を支払っているんだから税金対策にはならないという意見もあります。

しかし、考えてみてください。

例えば、応援したい地域特産の特産品を1万円で買ったとして8千円分の税金が控除されるのです。

産地もこだわりもあまりよくわからない品物を1万円で買ったとしてもそれだけ。

8千円の控除にはなりません。

そもそも節税対策は、一定期間の所得を減らし、所得にかかる税金割合を減らすことで実際の手取りを減らさないことを目的とします。

代表的なものでいうと、生命保険やイデコなどの確定拠出年金です。

お金を得る際には必ず税金がかかりますが、お金を受け取る時期を先送りにし所得を一時的に減らすことで引かれる税金の割合を減らします。

税務署はあらゆる方法で税金を集めることも仕事のひとつなので、それを何の不便もなく手軽に税金を減らすお得な方法は存在しません。

逆に簡単に税金を減らせてお得という方が怪しくありませんか?

なのでこの考え方からするとふるさと納税も節税対策といえると私は考えています。

ふるさと納税は何が得なの?

節税になるからお得とは言えますが、仮に節税対策にならないと考えたとしても決して損ではありません。

人は価値を感じるものに対価を支払うのは物事の道理だと思います。

例えば生命保険であれば「保障と運用」確定拠出年金であれば「貯蓄と運用」、ふるさと納税であれば「地域の今後の期待への投資」と「地域自慢の返礼品」ではないのでしょうか。

地域への投資、ひいては日本の未来への投資と考えればむしろ必須であり損ではないですよね。

ですので各自治体は自分の地域に寄付をすることが価値あることとみんなに思ってもらえるように頑張っているわけなのです。

Sponsored Link

ふるさと納税している人っているの?

実際にふるさと納税を利用している人は300万人います。

これは大阪市の人口が約270万人程なので、その人数以上の人達ががふるさと納税をしています。

ふるさと納税の3大要素「節税効果」と「地域の今後の期待への投資」と「地域自慢の返礼品」の魅力を物語っていますね。

さらに注目なのがふるさと納税を行っている各界の著名人です。

政治家の田中康夫さんや、お笑い芸人の明石家さんまさん、爆笑問題さん、タレントの杉浦太陽さん、川崎希さんなどなど。

もちろん自身のPRや、高所得者になればなるほど税金も高くなるのでその対策も兼ねているかもしれません。

しかし、お話の中から垣間見える地元愛や、納税額を考えると地域へ貢献したいという思いも強いはずです。

所得が高いから簡単に寄付できるんだと考えがちですが、まわりまわって「徳」を積む精神が「得」につながっているのかもしれませんね。

Sponsored Link

知って得するふるさと納税の還元率は?

とはいえ、やっぱりふるさと納税をするのであれば還元率は知っておきたいですよね。

以前はふるさと納税を始めたばかりだったため、自治体も張り切りすぎてしまい還元率100%を大きく上回るような返礼品やその自治体とは関係がないような返礼品も多くありました。

しかし、もともとの「寄付を集う」ということと「地元をアピールする」ことに再度重きを置くことになったので現在は還元率に考えると3割前後が多いようです。

中には50%以上の還元率になるものもあるので地域の特色を知りながらいろいろと楽しみながら選びたいですね。

還元率の高いふるさと納税のデメリットは?

ここで気になるのはふるさと納税のデメリットです。

ふるさと納税のデメリットは大きく3つあります。

1つ目は「税金控除の申請に手間がかかる」です。

寄付後、自動的に税金控除になるわけではなく自身で申請が必要になります。

申請方法は“確定申告“と“ワンストップ特例“の2種類です。

確定申告は、会社勤めの方は年末調整という制度があるため、あまりなじみがないかもしれませんが必要書類を準備し直接税務署で手続きをしてもらう方法です。

ワンストップ特例は、書類を自治体に提出すると寄付の感謝を込めて代わりにふるさと納税に関しての確定申告をしてくれるという方法で、以下が条件になります。

  • もともと確定申告が必要ない人
  • 1年間のふるさと納税の申し込みが5団体以下の人
  • ふるさと納税以外に自身で確定申告するものがない人(住宅ローン控除や医療費控除)

ワンストップ特例が利用できない確定申告をしたことがない人はとっつきにくく、確定申告している人は手間が増えるとデメリットに感じるかもしれません。

2つ目は、「控除額、寄付金額に上限がある」です。
ふるさと納税では寄付金額から2千円を差し引いた金額が控除対象ですが、それには上限がありさらに家族構成や所得により変動します。

また、いくらでも寄付ができるわけではなく実質2千円でできる寄付金額には上限があり、こちらも家族構成等により変わりますのでこの部分をデメリットと感じる人も。

例えば、年収300万円の独身の人の場合、寄付金額上限が2万8千円になり、そのうちの2万6千円が税金の控除対象になります。

年収500万円の配偶者ありで子持ちの場合は、寄付金額上限が4万円になり、そのうちの3万万8千円が税金の控除対象になります。

3つ目は、「所得によっては控除の対象にならない」です。
節税の対象になるのは住民税と所得税です。

なのでそもそもその2つを支払っていない人であったり、所得税だけ払っているという人は、対象外になります。

ふるさと納税を使えないわけではありませんが、1万円寄付しても全額が自己負担ということになります。

上記以外にも所得が比較的低い人や、自営業でほかの控除を受けている人などは、控除対象外になる可能性がありデメリットと感じるかもしれません。

人気のふるさと納税は?

それでは続いて人気のふるさと納税の自治体をご紹介します。

実は、ふるさと納税のお得な点としてクレジットカードを使えるというところも。

ポイントを貯めている人も多いと思いますが、上手く活用してみてくださいね。

①宮崎県都農町 うなぎのかば焼き

特別な日にしか買わないうなぎですが、なかなか買わないからこそふるさと納税でもらえたら嬉しいですね。

ふっくら香ばしい身と、あまじょっぱいタレがなんとも美味で大人気です。

自然が多く水のきれいな宮崎県都農町は魚と果物の名産が多いですよ。

②北海道白糠町 いくら

宝石のように輝くいくらもやはり人気があり、私は贅沢にスプーンに山盛りに乗せて一口で食べたいです。

アツアツのごはんに乗せて、とろけさせるのもいいですね。

北海道白糠町の地名の「シラヌカ」は、アイヌ語で岩磯のほとりという意味があり広大で美しい海は感性の強いアイヌ民族には印象的だったようです。

⓷熊本県玉東町 馬刺し

ふるさと納税でも不動の人気を誇るのが、やっぱりお肉です。

中でも希少な馬刺しは注目度が高く、上質でヘルシーな脂身がおいしいですよね。

熊本県玉東町は、みかんの生産も盛んで初夏になるとみかんの花の香りが甘くさわやかです。

などなどご紹介したのはほんの一部ですがどの自治体も自信のある特産品などを誇りをもっておすすめしているのがよくわかります。

ふるさと納税を理解し、納得できれば賢く利用しましょう

ふるさと納税に寄付するかどうかはさておき、家族でサイトやホームページをみてみるのも会話が弾み楽しいと思いますのでおすすめですよ。

ふるさと納税のお得な点や、デメリット等仕組みをしっかり理解したうえで、上手に活用してみてくださいね。

以上、最近話題のふるさ納税って本当にお得なの?でした。