バーベキューで使う鉄板食材リストをまとめてみた!おすすめの焼き方は?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

子供が大きくなってきたので、野外でバーベキューをしたいと思います。

さて、何をどれだけ持っていけばいいのでしょうか。

メンバーにもよりますが、一般的な食材やおすすめ食材、変わり種などをご紹介します。

・牛肉:サーロイン、ロース、カルビ、ハラミ、ホルモン、タン
・豚肉:スペアリブ、豚トロ、ロース、こてっちゃん
・鶏肉:モモ肉、手羽先、手羽元
・ウィンナー(皮ありでも皮なしでも)、ソーセージ、ベーコン
海鮮
・エビ、イカ、鮭
・アサリ ホタテなどの貝類
・干物(ほっけ、アジ、ししゃも、サンマなど)
野菜
・キャベツ、玉葱、ニンジン、トウモロコシ
・レタス、サニーレタス 、サンチュなどの葉物野菜
・ピーマン、ナス、かぼちゃ
・アスパラ、トマト(ミニトマト)
・きのこ類
カットしてから持っていくと、すぐに焼けるしゴミも減らせます。変色が気になる時は、現地でカットしましょう。
調味料
・焼肉のタレ、塩コショウ、ソース、ケチャップ
・ごま油、サラダ油、オリーブオイル
・レモン汁、ポン酢、マヨネーズ
その他
・お皿、コップ、箸(使い捨てできるものが便利)
・焼き網、焼きそば網、アルミホイル
・トング(炭用・肉用)
・テント、イス、テーブル、シート
・飲み物は多めに持っていきましょう
分量
肉は男性300g、女性200g、子供はその半分が目安です。
子供が複数いる場合は、ソーセージが多いほうがいいかもしれません。
よく食べる人がいる、子供が肉好き、などの場合はその分多く持っていきましょう。
野菜は残りがちですが、焼きそばに混ぜるとかして、出来るだけ食べるようにしましょう。

おすすめホイル焼き

・トマトとチーズのホイル焼き
 丸ごとのトマトに塩コショウしてチーズをのせて焼きます。

・ニンニクのホイル焼き
 ニンニクにごま油をかけてホイル焼き。単純ですがびっくりするおいしさです。

・シイタケのマヨバターホイル焼き
肉厚のシイタケがバターのうまみをしっかりと吸い込みます。

・玉ねぎのホイル焼き
 皮がついたままでも大丈夫。バーベキューならではの豪快さで焼きましょう。

・かぼちゃの上にチーズをのせてホイル焼き
 チーズの塩味でかぼちゃの甘みが引き立ちます。

・ジャガバター
 じゃがいもにバターをのせてホイル焼き

野菜と一緒に鶏肉や海鮮をホイル焼きしても美味しいです。

口の中が脂っこくなるので、サイドメニューがあった方が食が進みます。

一口サイズのおにぎりや、フランスパンなどもおすすめ。野菜や肉をパンにのせたら、簡単オープンサンドの出来上がり。

焼きそばを挟めば焼きそばドッグになります。

Sponsored Link

食材番外編

バーベキューならでは、焼いてみたらどうだろう?の食材です。

・薄揚げ・厚揚げ:醤油を垂らすと香ばしくておいしいです。

・マシュマロ:串に刺して炙ったら、焼きマシュマロ。いろんな味のマシュマロで試してみましょう。子供に大人気です。溶けたマシュマロは熱いので気をつけてください。

・ホットケーキミックス:ちょっと硬めにこねたホットケーキミックスを棒に巻き付けて廻しながら焼いていきましょう。簡単バームクーヘンができます。

・焼きバナナ、焼きリンゴ、焼きパイナップル
生とは違う食感、味が楽しめます。

・締めは焼き芋

野外で行うバーベキューは最高、同じお肉でも数段おいしく感じます。普段食が細い子でも、雰囲気でどんどん食べちゃいます。

肉ばかりでなく、肉と野菜を交互に刺してかぶりつくのも野外ならでは。

飽きたなと思ったら、フルーツを焼いてみて下さい。生で食べるのとは違った甘酸っぱさにびっくりするでしょう。

子供と一緒に計画・準備すれば、食育にもなるし、計画性も身につく、いい事尽くしです。

出された食事をただ食べるだけでなく、自分で準備して自分で焼く、大切な経験です。

大きい子供なら火をおこすことにも興味があるでしょう。

バーベキューでの注意事項

暑い日のバーベキューでは水分補給には十分注意してください。

日陰ではないところで行うと熱中症の危険性も十分にありますからね

ちょっと疲れたなと感じたら、日陰で休憩することも大事です。

自分の体調を自分で管理できるよう、子供にもしっかり教えましょう。

最後にゴミの片づけはきっちりしてください。

公園でもバーベキュー会場でもいいですが、マナーのある振る舞いをしましょう。子供は意外と大人のふるまいを見ています。

分別のある行動を取りましょう。

天気のいい日には、家族そろって、友人も声かけて、みんなでバーベキューなんていかがですか。