初めての一人暮らし!部屋を選ぶのに重要な注意点を知って失敗なし!?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

初めての一人暮らしは楽しみですが、母親は不安だらけですよね‥。
少しでも安心して住めるよういろいろな情報を紹介します。

一人暮らしの部屋選びで陥りがち!間違った選び方をしない為には?

基本ではありますが、

⚪︎内見は絶対にしましょう
間取り図だけではわからない事がたくさんあります。

⚪︎内見したいと思ったらすぐ!!
いくつかチョイスしてまとめての内見はダメです。
いいお部屋はすぐになくなってしまいます。

⚪︎理想通りのお部屋を求めない
自分が何を優先させたいのか、そのベスト3を出しておくといいですね!!
いろいろと求めすぎてもいいお部屋は出て来ません。妥協も必要です。

⚪︎お部屋は築年数だけで考えない
築年数が経っていても、リノベーションされて新築のようにきれいな部屋もあります。なので築年数を入れての検索はおすすめしません。

⚪︎希望駅は一駅に絞らない

⚪︎防音性は叩くだけでなく耳でもチェック‼︎
防音性は大丈夫とか記載してあるとそれを信じてしまいます。
なので内見に行ってもきっとスルーしてしまう可能性があると思います。
そしていざ住んでみると、あれって事もきっとありますよね。防音性も重視する方必ずチェックを!!

⚪︎クローゼット内や収納スペースの寸法を測っておく。
収納場所だけでなく、ドアの寸法や洗濯置き場の寸法も測っておくと便利です。

⚪︎駅から部屋まで歩いてみる。
お部屋情報に記載されている時間よりは実際歩いてみると信号が多かったりして記載時間よりも多く時間がかかる場合があります。
そしてそのついでに周辺環境もチェックするといいですね。
あとは夜も1度行ってみたほうがいいです。
街灯が少なく暗かったり、夜になるとまた雰囲気も変わるかもしれないので、ぜひチェックを!!

⚪︎スマホなど携帯の電波状況
入居してから電波が悪かったという思いはしたくないですよね。
部屋によっても電波状況は違うのでぜひチェックを!!

⚪︎おとり物件に注意
おとり物件とは既に埋まっている物件をネット状などに掲載しておいて、お問い合わせをしてきた人を騙してお店によび他の物件を紹介するための罠です。

おとり物件にはいくつか特徴があります。
・相場に対して極端に安い物件
・詳細住所の明記がない
・現地待ち合わせの内見ができない
ただあくまでも特徴なので、該当する全ての物件がおとり物件とは限りません。
該当するような物件で気に入った物件があった場合は慎重に見極めて下さい。

⚪︎期間限定でしか住めない定期借家は注意
定期借家とはその決められた一定の期間しか住む事が出来ない借家の事です。

普通2年契約をしたお部屋なら更新すればまた住み続ける事ができますが、借家は更新ができません。

なのでその期間しか住まなくても大丈夫という方ならいいかもしれませんが、しばらく住むという方にはおすすめできません。

⚪︎お部屋探しにおすすめの時期
1月〜3月、9月です。

Sponsored Link

さぁ一人暮らしの始まりです!部屋のインテリアはどこがおすすめ?

⚪︎ニトリ
全国どこでもあるので足を運びやすいのではないでしょうか!、
予算に合わせて理想のお部屋づくりできます。

⚪︎一人暮らしインテリアのジパング.com
ベットの選び方からソファーの選び方など一人暮らしの方の為に細かく説明されています。

⚪︎一人暮らしのインテリア
一人暮らしの方の為にレイアウトの基本から応用まで教えてくれます。

⚪︎インテリアハート
インテリアの参考になるコーディネートや模様替えのテクニックなど教えてくれます。

⚪︎moonday
ワンルームに焦点をあてたインテリア通販サイト

⚪︎mottie
一人暮らしのインテリア通販サイト

実際にお店に行ったり通販サイトをみたりして失敗のない部屋探し、そして家具探しをして下さい。