卵の代用アイデア8選!ケーキ・お菓子・お好み焼き・揚げ物も

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

調理をしている途中で卵がないことに気づいたらどうしますか?急いでメニューを変更しなくっちゃ、なんていう経験ありませんか?

卵は焼くだけでも立派な一品になりますし、いろいろな料理にも使われます。調理の途中で卵のない料理を考えたり、変更するのはかなり大変です。

でもね、実は卵を使わなくても、代用品でもおいしいお料理を作ることができるのです。

卵がなくても別の食品で代用できるのならメニューを変更する必要もないし、アレルギーがある場合の食事の幅も広がります。

今回はお菓子や料理の場合の、卵の代用法について紹介します。

お菓子作りの卵の代用のアイデア

お菓子作りには卵がか欠かせません。ところが卵がなくてもお菓子を作ることができるのです。

お菓子作りで卵を使うのはなぜでしょうか?

・風味や味をよくするため
・フワフワの食感を出すため
ですが、これらもちょっと工夫するだけでカバーすることができるのです。

アイデア1:卵なしケーキをホットケーキミックスで作ろう

卵なしでケーキを作るのなら、ホットケーキミックスがおススメです。

ホットケーキミックスとは、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーなどのお菓子作りに必要なものがミックスされている、いわゆる「魔法の粉」です。

ホットケーキミックスと砂糖、牛乳、油(オリーブ油でも可)でフワフワの食感が美味しいスポンジケーキを作りましょう。

ポイント:本来のスポンジケーキにはバターが必要ですが、卵なしでフワフワにするために油を使います。これで失敗なし!

風味が足りない場合は、バニラエッセンスを加えましょう。

野菜ジュースを使っても美味しく作れます。

・パウンドケーキも作れちゃう

ホットケーキミックスでパウンドケーキも作れます。その他の材料の分量を変えるだけです。

パウンドケーキのしっとり感を出すなら、木綿豆腐をペースト状にしたものを入れたり、豆乳を使うといいですよ。

焼き上がりに少量のお湯で溶かしたジャムを塗ると表面にテカリがでます。乾燥してパサパサになるのを防いでくれますよ。

アイデア2:クッキーにははちみつをプラス

クッキーも卵なしで作ることができますが、やや硬めでパサパサした食感になります。

しっとり感を出すためには、砂糖をちょっと控えて、はちみつを入れましょう。

風味を出すためにはバニラエッセンスがおススメ。その他にも紅茶の葉やココアを入れると美味しくなります。

アイデア3:プリンを作る時は、豆乳やかぼちゃを使おう

プリンは卵のお菓子です。代用しても同じようには作れません。

でも似た味や食感を出すことはできます。

プリンを作る時は、調整豆乳とゼラチンを使いましょう。

調製豆乳はやや黄身がかった色ですし、風味も少し似ていますよね。

もっとプリンの色に近づけたいときは、かぼちゃのペーストを混ぜてゼラチンで固めましょう。見た目がぐっと似てきます。

アイデア4:手作りパンの照りには牛乳を使おう

手作りのパンを作る時には、仕上がりに溶き卵を塗ることがありますよね。

ドールという仕上げですが、ちょっとしか卵を使いませんね。

たくさんのパンを作る時は卵を使ってもいいのですが、本当に少量の場合は、わざわざ卵を使うのがもったいない気もします。

そんな時は、代用に牛乳を塗りましょう。

卵を塗る時よりは多少照り具合が減りますが、家庭で作る分には問題なしです。

Sponsored Link

お好み焼きやハンバーグ、揚げ物に使える代用品

お菓子だけでなく、卵は日常の食事にもよく使います。

お菓子以外の卵の代用アイデアについて紹介します。

アイデア5:お好み焼きの場合

お好み焼きは卵を使わなくても作れます。

でも味や食感が少し悪くなるのが難点です。

卵のアレルギーがない場合は、マヨネーズを使いましょう。

マヨネーズは卵と油で出来ています。マヨネーズをいれると、卵と調味を同時にすることになります。

でも卵のアレルギーがある場合は、マヨネーズを使うことができません。

その時は、山芋や豆腐を使いましょう。柔らかいフワフワした食感が出ます。

味が足りないと思ったら、粉末のだしを混ぜたり、天かすを入れると風味が出ます。

アイデア6:ハンバーグの場合

ハンバーグを作る時には、つなぎに卵が必要ですよね。

でも実はハンバーグのつなぎは卵ではなく「塩」なんです。

ハンバーグを最初にこねるときに、塩だけを入れてひき肉を粘りが出るまでしっかりと捏ねることが大切です。

そしてハンバーグを作る時の卵の役割は、しっとり感を出すことです。

なので、
・山芋
・豆腐と片栗粉をペーストにしたもの
・すりおろしたレンコン

で代用することができます。ちゃんとしっとり感を出すことができます。

また香辛料をしっかりと使って、ハンバーグの中にチーズを入れると風味もアップして美味しくかんじます。

アイデア7:揚げ物の衣の場合

とんかつやコロッケを作る時には、

薄力粉→溶き卵→パン粉

の順番で作りますね。でも水溶き薄力粉で代用することができるのです。

卵をつけなくても水溶き薄力粉の次にパン粉をつけることができます。

仕上がりも全く問題なしです。

アイデア8:オムレツや卵焼きの場合

卵がなくてもオムレツや卵焼きが作れます。と聞いたらびっくりしますか?

じつは卵がないと作れないのですよね~。味や食感が全く別のものになってしまいます。

でも見た目なら同じようにすることができます。

・かぼちゃかトウモロコシの粉
・米粉
・ジャガイモのマッシュしたもの
・すりおろした山芋
を砂糖と牛乳を一緒に混ぜて、卵焼きのように焼きます。

幼稚園などでアレルギーの子どもに、他のお友達と同じメニューで給食を作る時などに、作られるようです。

卵の代用品を使った市販品も多くあります

子どもの卵アレルギー用食品ですが、卵を使わないお菓子や冷凍食品も多く市販されています。

「卵を使わずに作った子供用のマヨネーズ」「お好み焼きソース」などもあります。西松屋やトイザらスなどの子ども商品を置いているお店で扱っています。

外食する時も卵なしのメニューが多くあるので、うまく選んで食事を楽しみましょう。

Sponsored Link

まとめ

卵なしで、全く同じ料理やお菓子を作ることは残念ながらできません。でもちょっと工夫することで十分に美味しい料理や、卵とは違ったおいしさのある料理に変身することができます。

卵アレルギーの子どもを持つお母さんの話を聞くと、卵がなくても工夫次第でほとんどのお料理は作ることができると言います。

毎日お弁当を持たせる必要があるので、自然と工夫できるようになったそうです。

卵を食べられる人も食べられない人も、卵を代用した料理を一緒に試してみたいですね。