卵の形が楕円形なのはなぜ?3つの理由とは・・・

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

さて質問です、卵の形は何形でしょうか?

答えは・・・
なんとなく楕円形を思い浮かべませんか?

でも魚の卵は球体ですよね。なぜ鳥類の卵は楕円形をしているのでしょうか?

実は鳥類が生き延びるために工夫した結果、楕円形の卵に進化したと考えられています。

今回はなぜ鳥類の卵の形が楕円形になったのかを説明します。ぜひ子どもにも教えてあげてくださいね。

鳥の卵が楕円形になった3つの理由

鶏の卵が楕円形になったのは、卵を産んで育てる、その環境が大きく関係しています。

生物の世界で共通しているのは、卵や子どもは弱い存在で守られなければ生きていけない、ということです。

鳥類は飛ぶことができますよね。その能力を利用して、外敵から卵やひなを守るために、高い木の上や崖の上などに巣を作ります。

そこで卵を産んで育てています。

理由1:転がりにくくするため

高い場所にある巣で育てていると、外敵から卵を守ることはできますが、巣から卵が落ちてしまう危険性があります。

ボールのような球体だと、コロコロと転がって落ちてしまう危険性が高いですね。しかし楕円形であれば、転がりにくくもし転がっても、元の場所に戻りやすくて巣から落ちにくくなります。

理由2:ひなが殻を割りやすくなる

卵の丸い部分には気室という空気が入った空間があります。ここは成長とともに大きくなっていく部分です。

気室は尖った側よりも殻が薄く割りやすいので、ひなはこれを目安に殻を割って外に出てくるのです。

理由3:卵を効率よく温めるため

鳥は高い場所や限られたスペースで卵を産んで温め、ひなを育てます。

育てる卵は1個ではなく、複数になることもあります。狭い巣の中で効率よくスペースを使わないといけませんね。

卵が球体だと、中央部に無駄な隙間ができてしまいます。

片側だけが細くなっていると、それを中心にして花弁のように丸く並べて、隙間なく温めることができるのです。

Sponsored Link

転がりながら卵ができるので、楕円形になる

生き残るための知恵で、楕円形の卵に進化したことが分かっていただけたでしょうか。

では次に、鳥類の卵がどのような経緯で楕円形になって行ったのかを見ていきましょう。

★最初に出来るのは卵黄と卵白

卵を作るためにはまず最初に、卵巣で卵黄(黄身の部分)ができます。

卵黄が卵管を通る時に、周りを卵白(白身)で包まれ、その後周りに卵殻膜が作られます。

この時は、まだ丸い球体です。

★周りに殻ができる

最後に卵殻膜にカルシウムがついて、殻ができて卵になります。

卵黄から卵になるまでに約24時間、ほぼ1日がかりです。この間に卵は卵管の中を転がりながら移動して、大きくなります。

卵管を転がっていく間に卵管を通りやすいように細くなります。自然に重心が偏った楕円形の卵が出来上がっていくのです。

まとめ

何気なく見ていた卵の形ですが、卵が生き残るための知恵がぎっしりと詰まっていたのですね。

鶏の卵の楕円形は、進化の過程で生まれたのです。

てのひらに乗るくらいの小さな卵の中に、長い年月の進化の過程があったのだと思うと、なんだか感心してしまいます。

家の近くで燕の巣を見ることがあったら、今までとは違った気持ちで応援してあげましょうね。