年末年始に国内旅行するなら!?新幹線と飛行機はどっちがお得!?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

年末年始の国内旅行人気スポットご紹介!

年末年始ともなると多くの人が長期休暇を取れる時期ですから旅行へ行くことも多くなると思います。

海外脱出組を始め国内旅行でもかなりの人がこの時期には移動することになります。

旅行の目的は人それぞれですし、行き先もさまざまです。

一人で行くこともあれば、友達同士やカップル、家族で行くこともあります。

ですが年末年始ですし、それなりに傾向はあるようです。

例えば、冬はとても寒くなりますし、雪も降ります。

体を温められる温泉のある所は人気です。

風情ある露天風呂を撮影した写真に惹かれていく人もいますし、湯治を兼ねていく人もいるでしょう。

日本全国には多くの有名な温泉地があるのでそういった所は旅行者も多いです。

ところで山の多い地方や北の方の雪が積もる地域ではウィンタースポーツも出来ます。

スキーやスノーボードなど年末年始に滑りに行く人も多くいます。

後、冬ならではの郷土料理を食べに行きたいといった人もいるのではないでしょうか。

その他にも年末のカウントダウンを楽しみたいといった人が各地のテーマパークへ行くこともありますし、初日の出を拝みに、それがよく見えるスポットへ行くこともあるはずです。

逆に寒いのは苦手ということで寒さを忘れられる、いわゆる南国と言われる地域も人気です。沖縄本島よりもっと南の先島諸島へ行くと冬でも半袖で大丈夫です。

Sponsored Link

年末年始の新幹線メリット、デメリットは?

ところで、旅行には移動を伴いますので、何らかの交通手段を使わなければなりません。

年末年始は長期休暇を取れると言っても、のんびり移動していたのでは現地での滞在日数が減ってしまいます。

やはり移動は早くしたいものです。

素早く移動出来る交通手段の一つに新幹線があります。

今では北は北海道の函館から南は九州の鹿児島まで繋がっていますし、秋田と山形、それに新潟や金沢へも同様です。

またその先にはJRの在来線の路線も広がっているので、目的地の近くまで行くことも可能でしょう。

列車編成には指定席が組み込まれているので混雑する年末年始でも予約が出来れば座って目的地まで行くことが出来ます。

豪雪や災害、車両のトラブルがなければ時間通りに着くことが出来ますし、快適な旅行が出来るでしょう。

ところが年末年始は指定席の予約が殺到する時期でもありますので、残念ながら予約出来ないといった事態も発生します。

そうなると自由席を使わなければならず、場合によっては100%以上の乗車率となった車両で移動しなければなりません。

デッキ付近で立つことになるとトイレの臭いがしてきたり、喫煙する人もいるので、とても苦痛になることもあり、到着時にはいわゆる旅の疲れがどっと出てくることにもなります。

年末年始の飛行機メリット、デメリットは?

旅行時の移動は新幹線だけではなく飛行機もあります。

全国各地に空港がありますし、例えば北は北海道の稚内から南は沖縄の与那国島まであります。

年末年始の長期休暇だと、遠くへ行くことも多いと思います。

ですが、沖縄など海を越えて旅行する時には新幹線だけでは行くことが出来ないですし、遠くになればなる程、飛行機の方が早く着くことが可能です。

空港からはバスなどが近くの街へ連絡していますし、そこから目的地へ行くことも出来るでしょう。

ところで、飛行機の運賃は正規料金だと新幹線よりも高くなることが多いのですが、数ヶ月前の発売開始日に購入すると早割りといってかなり安くなることもあります。

その他にも色々な割引が用意されています。また近年は格安航空会社も参入してきましたし、正規料金よりも安いチケットを手に入ることが出来ます。

ですが、年末年始だと利用客が多くなるので取り難くなることがあります。

万が一チケットが取れなかったら計画の変更をしなければなりません。

利用時には空港の混雑が予想されますし、チェックインカウンターや荷物検査などでは長蛇の列になり、待たされる事も多くなります。

そのため早めの行動が必要です。

後、飛行機は悪天候に弱い面もあるので、大雪や冬の嵐で欠航になることも考慮しておかなければならず、用心するならば余裕をもって日程を組む必要もあります。

Sponsored Link

年末年始旅行で押さえておくべきポイントは?

年末年始は旅行客が多く大抵の観光地で混雑します。

そのため予想外の出来事に見舞われることもあるので、そういったハプニングに対応出来るように時間的な余裕を計画に入れておくことが大切です。

また先ほどから書いているように新幹線や飛行機は移動に便利ですが、年末年始は予約が殺到します。

ですから予約はチケットの発売日当日に行った方がいいでしょう。

一人旅の場合はわりと取り易いですし、旅行の途中でも計画の変更は容易ですが、家族旅行となるとそうはいきません。

人数分確保するのは大変ですので、目的地選びもチケット予約も早め早めに行いましょう。

人数分のチケットが揃えられなかったという事態を避けたいのであれば、旅行会社が発売している年末年始のツアーを利用するのもいいかもしれません。

そのツアーの中には交通機関も宿泊施設も含まれているはずです。

ところで年末年始の混雑が嫌で、ゆったりのんびりした旅行をしたいといった人たちもいるでしょう。

そういった時にはあまり一般的に知られていない穴場的なスポットを旅行先にしたり、出発と帰りの日程をずらして、帰省やUターンでラッシュになる日を避けるのもいいかもしれません。

それにそういった穴場的な場所や混雑日をずらすと丁寧なおもてなしをしてくれることもあるかもしれません。