断捨離を成功させるコツ!まずは洋服から大きく削ろう!

断捨離

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ファッションの流行などは常に変化していきます。

そのため気付けば家中が服で溢れかえって

困っている人も多いのではないでしょうか。

いざ断捨離しようと試みても

「いつか着るかも。」「全然着てないし、もったいないな。」

と、全然進まないなんてこともあるかと思います。

そんな断捨離には、コツがあるんです!

コツをつかめば、誰でも上手に断捨離することができます。

そこで今回は、断捨離のコツをご紹介したいと思います!
 
 

断捨離を続けるコツは、ブログへの記録!

まず断捨離をするにあたって、収納別におこなっていませんか?

また処分するか悩む服が多くて、

なかなか進まないなんてことありませんか?

断捨離を成功させるには、いくつかコツがあるんです。

断捨離を始める際、まずは持っている服を全て出して

1か所にまとめましょう!

そうすることで自分がどのような服をどれくらい持っているかを

把握できます。

その結果、断捨離の判断もしやすくなり、

適切な枚数を効率よく断捨離できるようになります。

準備ができたら、いよいよ断捨離開始です!

服を残すか残さないかは、

捨てる基準にそって選別していきます。

〈捨てる基準〉

・着られない服

汚れやほつれ、毛玉がついていたりと状態の悪い服は捨てましょう。

また体型の変化によって着られなくなってしまった服も

捨てる基準に該当します。

・1年以上着ていない服

1年持っていて着なかった服は、

来年も着ることはほぼありません。

タンスの肥やしになる前に断捨離しましょう!

・似たような服

自分の好きな洋服は似たようなものを持っていても、

ついつい購入してしまいがちです。

実際手持ちの服を集めてみると、

何枚も同じような服を持っているなんてことはよくあります。

そんな服は、必要な枚数だけ残してあとは断捨離しましょう。

・1度も着ていない服

購入したまま1度も着ていない服も捨てる基準の対象です。

もったいなく感じてしまうかもしれませんが、

思い切って断捨離してしまいましょう!

・また買い直したいと思えない服

本当にお気に入りの洋服は、また買いたいと思うものです。

もし手放すかどうか迷った時は、

その服と同じものをまた買いたいかどうか考えてみましょう。

そこで買いたいと思えなかったら、断捨離しましょう。

この5つが捨てる基準となります。

この基準にそって、服を選別していくと

断捨離をうまく進めることができます!

また、断捨離の経過をブログなどに記録しておけば、

モチベーションを保つことができるので、おすすめです。
 
 

Sponsored Link

断捨離のコツをつかめば、化粧品の選び方が変わる!?

化粧品も服同様、

気付けばたくさん溢れかえってしまうもののひとつです。

メイク用品がごちゃごちゃしていると、

使いたいアイテムを探すのも一苦労ですし、

全く同じアイテムを購入してしまうなんてこともあります。

そのため化粧品も定期的な断捨離が必要です!

〈化粧品を捨てる基準〉

・使用期限が過ぎている

実は化粧品にも使用期限があります。

未開封の化粧品は「製造日から3年」が使用期限とされています。

ただし、オーガニックコスメなど無添加のものについては、

使用期限が3年未満の場合があります。

3年未満の場合には、商品に記載されていることが多いので、

確認してみてください。

また、開封してしまった化粧品はさらに使用期限が短くなります。

・スキンケア用品 6ヶ月

・ファンデーション類(下地、フェイスパウダーも) 6ヶ月

・マスカラ 3ヶ月

・リキッドアイライナー 3ヶ月

・ペンシルアイライナー 1年

・アイシャドウ 1年

・リップ類 1年

・チーク 2年

これらの使用期限が過ぎている化粧品は断捨離しましょう!

・似たようなアイテム

化粧品もつい似たようなものを集めてしまいがちです。

特にリップやアイシャドウなどは、

同じような色味がいくつもある人も多いのではないでしょうか。

似たような色味のアイテムは使っているものを残して、

あとは断捨離してしまいましょう!

これが化粧品の捨てる基準です。

使用期限や自分が持っている化粧品を把握しておけば、

化粧品の衝動買いを減らすことができます。

さらに、持っていない色味を選ぶようになったり、

買うか迷った時に、使用期限以内に使いきれるかどうか考えたりと、

化粧品の選び方にも変化が現れると思います!
 
 

Sponsored Link

まとめ

断捨離の捨てるかどうかの判断で悩む人は多いと思います。

そんな時は上の「捨てる基準」に当てはめてみましょう!

断捨離を成功させて、スッキリさせて新年を迎えてみては

いかがでしょうか!