スーパーのカット野菜は安全なの?栄養素と添加物や殺菌剤など調査

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

スーパーやコンビニでよく目にするようになったカット野菜、最近は種類も豊富になり忙しい主婦にとても便利になりました。

スーパーの野菜売り場を見ても、以前に比べ売り場面積も広くなってきているような気がします。

カット野菜とはきれいにカットされた野菜が袋詰めになっていて、自分で野菜を切る手間が省けるので便利というものです。

しかし、安全性はどうなのでしょうか??

今回は、最近店頭でよく目にするようになった、カット野菜の安全性や栄養面などについてふれていきたいと思います。

カット野菜の安全性は大丈夫?

カット野菜は安全か危険かと聞かれた場合、安全という答えが正しいです。

一般の家庭のキッチンではできないくらいの、衛生管理が徹底された工場でカットされているのです。

家庭で不衛生なまな板や、手にバイ菌が付着したような状態で調理してしまうと、食中毒や食あたりの原因になることがあります。

しかし、工場内でカットされた野菜はそのようなことはありえません。品質的にはとても安全です。

カット野菜は意外と身近な存在だった

普段、カット野菜なんて買わないわ・・・と思っているかもしれませんが、実は意外と身近なものなので食してたりするのです。

外食したときに、付け合わせのサラダがカット野菜かもしれません。
会議の時に出されたお弁当の中に、カット野菜が使われているかもしれません。

Sponsored Link

カット野菜がなぜ安心なのかもっと詳しく

カット野菜は人体に影響のないように洗剤で洗われています。
 
 
もともと野菜には、土に存在する微生物など埃などがたくさん付着しているのです。
 
 
まだ、野菜をカットすることで野菜自体から液が出てしまい、野菜の品質低下につながってしまうのです。
 
 
カット野菜は食中毒が起こしやすいため、安全対策が徹底されています。

どんな安全対策が行われているの?

カット野菜は、洗浄→殺菌→洗浄と徹底した手法で処理され、殺菌の時に洗剤が使われます。

野菜を洗剤で洗うの?思った方もいるかもしれませんが家庭で切った野菜はすぐに食べるため、野菜を洗剤で洗う必要がないため馴染みがないのです。

普段使っている家庭用の洗剤の用途を見てみると野菜や果物と書かれていて、もともと家庭用洗剤も野菜や果物に対応したもので作られているのです。

野菜の洗浄に使われる洗剤とは?

野菜に使用されている洗剤の安全性が気になりますよね、洗剤のほとんどが次亜塩酸ナトリウムが使われています。

次亜塩酸ナトリウムとは安全性が保障されている食品添加物のひとつなのです。
基本的に肝臓で分解され、分解されずに残ったとしても体の外に排出されてしまいますので体内に蓄積されることがないのです。

Sponsored Link

気になるカット野菜の栄養について

野菜の栄養は主に三種類あり、その三種類はビタミンとミネラル、食物繊維です。

ビタミン
ビタミンは水に溶けやすい水溶性ビタミンと油に溶けやすい脂溶性ビタミンとの2種類あります。

カット野菜は水による洗浄を行うので、水溶性ビタミンは失われる可能性は高くなってしまいます。

また細かくカットされるため断面が多くなるため、水溶性ビタミンはさらに溶けだしやすい状態になりためカット野菜の場合、水溶性ビタミンは失われやすく、脂溶性ビタミンの方が期待できるのです。

 

ミネラル
ミネラルは緑黄色野菜に多く含まれまるものですね。

カット野菜に使われる野菜は淡色の野菜が多いため、元からミネラルの含有量は少ないです。

そのため、ミネラル源を考えた場合は色の濃い野菜が入っているカット野菜を選ぶといいと思います。
ただし、水洗いによるミネラルの流出も多少は考えられるのです。

 

食物繊維
カット野菜に入っている野菜は主に不溶性の食物繊維を含んでいるため洗浄によって食物繊維が流れ出てしまうことはありません。

食物繊維は普段の食生活でも不足しがちな栄養素なので、カット野菜を利用して補うのもいいでしょう。
最近のカット野菜は栄養を失わないような処理方法も研究されています。

忙しくて野菜を摂取するのが難しい時、野菜の価格が高騰していてなかなか買うのを躊躇してしまう時など、状況に応じて利用してみるのもいいですよね。

カット野菜を見直した!敬遠していたことを反省

カット野菜ってどうなの?と勝手な偏見をもっていて、カット野菜のコーナーを素通りしていませんか?

先日、友達とスーパーに行ったときに、カット野菜のコーナーをじっくり見る時間があり、種類の多さに驚きました。
キャベツなどだけでなく、根菜類などの野菜もありました。

インスタントラーメンに野菜をひと手間加えたり、煮ものに使ったり、汁ものに使ったりと料理のレパートリーが広がるなと思いました

また、既にカットされているため調理時間の短縮にもなり、忙しい方も料理が楽しくなるような気さえしました。

カット野菜を実際に手に取り見てみたところ袋にも安全性について詳しく書かれていて、カット野菜について考え方が変わりました。

Sponsored Link

まとめ

最近よく目にするようになったカット野菜ですが、外食や弁当でも利用頻度と高く、知らず知らずのうちに口にしていることが多いと思います。

洗浄過程なども徹底していて水溶性ビタミンは失われている可能性が高いですが、とくに脂溶性ビタミン、食物繊維の栄養価は期待できます。

また、色の濃い根菜類などの野菜であればミネラルも摂ることができます。

もちろん、体に1番いいのは完全オーガニックで採れたての野菜を食べることでしょうがなかなか現実には難しい場合も多いと思います。

ゆっくり調理する時間を取るのが難しい慌ただしい毎日の中でも、状況に合わせてカット野菜を上手に利用し、栄養バランスがしっかり、摂れた食生活を送りたいものですね。