ハロウィン用にかぼちゃをくりぬいてみようと思います

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ハロウィン用にかぼちゃをくりぬいてみようと思います。

でも普段食べているかぼちゃとは様子が違うようですね。

よく見かけるハロウィンのかぼちゃ、「ジャック・オ・ランタン」を作るのに、適したかぼちゃはどんなのでしょうか?

あのかぼちゃの色やしっかりした形、硬さなど、ハロウィン用のかぼちゃの種類、入手方法を調べました。

子どもとかぼちゃの用意をすると、ハロウィンが盛り上がりそう。今年は本格的なハロウィンが迎えられそうです。

ハロウィンかぼちゃ、お勧めはこれ!

ハロウィンのテーマカラーは、オレンジと黒です。

しかし普段私達が食べるかぼちゃは、緑色ですね。ちょっとハロウィンぽくない。

それに食べるかぼちゃは皮が非常に固くて、あんなふうにはくりぬけないかも。

ちょっと調べてみたら、かぼちゃには種類あることがわかりました。

・西洋かぼちゃ
栗かぼちゃで知られる、甘みが強くホクホクした食感のかぼちゃ

・日本かぼちゃ
皮が硬くて、あっさりとした甘みがあります。煮物にしても、煮崩れしにくいかぼちゃ

・ペポかぼちゃ
細長い、小さいなど面白い形が多い。外側がオレンジ色のかぼちゃ

ハロウィン用のかぼちゃはこのペポかぼちゃに分類されます。

ペパかぼちゃの種類
・プッチーニ(☆)
・コリンキー(☆)
・赤皮栗かぼちゃ(☆)
・オモチャカボチャ(☆)
・ハロウィン
・ベビーパム
・サンシャイン
・アトランティックジャイアント
(☆・・・入手しやすい種類)

Sponsored Link

ペポかぼちゃはどこで購入できる?

ハロウィン用のかぼちゃはどこで売っているでしょうか?

かぼちゃだからスーパー?いやいや、実は花屋さんなのです。

9月下旬のお彼岸が終わって、10月になると、花屋さんは一気にハロウィンモード。

おもちゃかぼちゃを並べたり、黒猫や魔女のディスプレイ、オレンジ色と黒色でハロウィン気分を盛り上げます。

ホームセンターで売られていることもあるので、チェックしましょう。

いろいろな大きさがあるので、選びたい人は早めにチェックしてください。

去年10月下旬に思い立って探しましたが、すでに売り切れ続出。最後の花屋さんでやっと見つけました。

巨大なジャック・オ・ランタンも売れ残っていましたが、持って帰れないサイズでしたね。

Sponsored Link

ジャック・オ・ランタンの由来と作り方

好みのペポかぼちゃを購入したら、ぜひジャック・オ・ランタンを作りましょう。

もともとはアイルランドやスコットランドに伝わる妖怪のことで、本場スコットランドでは蕪でランタンを作ったそうです。

それがアメリカに伝わり、アメリカでよく作られているかぼちゃに変わったと言われています。

蕪は白いので、ペポかぼちゃのほうがハロウィンのイメージに合いますね。

また外側がオレンジ色のかぼちゃは皮が柔らかくて、加工しやすいのが特徴です。

ジャック・オ・ランタンを作る時は、まず子どもに目や口、鼻などを書いてもらいましょう。

くりぬくのは危険なので、大人がする方がいいですね。

百均でも道具が売られていますし、家庭の果物ナイフなど細めのナイフならきれいに切れるでしょう。

早めに作って飾っておきたいところですが、野菜ですので日持ちしません。

中の水分をしっかりとることで1週間ほど楽しめますが、あくまで野菜です。

風当たりのいいところにおいて、腐らないように注意しましょう。

できたらパーティの前日などに作っておくと、きれいな状態で楽しめます。

まとめ

沢山の種類があるかぼちゃですが、ハロウィン用にはペポかぼちゃが向いているようです。

オレンジ色の皮がハロウィンにぴったり。皮も柔らかいので、くりぬくのも簡単です。

残念なことに、このかぼちゃ、食べるにはちょっと向かないようです。

鑑賞用や家畜の飼料として使われる種類なので、食べて悪いわけではありませんが、美味しくはないです。

特に、アトランティック・ジャイアントのような、巨大なオレンジかぼちゃは食用には不向き、巨大かぼちゃコンテストにはいいのですがね。

でも、プッチーニや赤皮栗かぼちゃは、甘みもあって、美味しく食べられるようです。よかったら試してみてください。

自作のジャック・オ・ランタンの中に、お気に入りのキャンドルを入れて、ハロウィンの夜を楽しむなんて、素敵ですね。

沢山のお菓子と仮装と、ジャック・オ・ランタンを用意して、今年のハロウィンを楽しみましょう。