洋服を簡単かつ綺麗に収納できる!?こんなアイデア知らなかった!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

洋服を収納するにも気に入ったケースだとやる気もでますよね。

でもサイズやボックス選びなど間違えると大変なので気をつけて下さい。

収納ボックスにも段々タイプと一段タイプ、衣装ケース、布製のファスナータイプなど様々あります。

段々タイプの方が収納力もあり便利そうですが、引越しなどするとサイズが合わなくなってしまう事もあります。

洋服を片付けたいならまずは気に入った収納ケースでスッキリさせよう!

引越しなどがある方には収納場所を変えても積み重ねて使える一段タイプがおすすめです。

いっぽうで押し入れやクローゼットに入れず、部屋で使う場合は段々タイプの方がオシャレにみえ収納場所も少し多く確保する事ができますね。

引き出しタイプの衣装ケースは高さと奥行き選びが重要になってきます。

おすすめするサイズとしては高さは23センチ前後のものです。

高さのある収納ケースを選ぶ事で立てて収納しやすくなります。

奥行きの収納ケースはたくさん入りますが、奥の方の服などは探すのに大変だと思った事がある人も多いのではないでしょうか?

なので引き出し手前にはよく着る物を入れ、ブックスタンドや仕切りケースなどを使い仕切ります。

そして奥はあまり着ない服やシーズンオフの物を入れておくと、衣替えの時は前の服と後ろの服を入れ替えるだけですぐに終わります。

また衣替えをしたのに今日は夏のように暑いなんて時もすぐに取り出せます。

クローゼットの下や押し入れの天袋には布製のファスナーで閉めるボックスタイプがおすすめです。

いろいろと置く場所にあわせて選んでみて下さい。

なかなか忙しい方子育て中のママや畳むのが面倒な方にはハンガー収納はどうですか?とてもおすすめな方法だとおもいます。

Sponsored Link

畳みにくい洋服は収納が困難!ハンガーを使って掛けとくだけで収納完了

たくさんの衣類をケースに入れると手前の物しか目につかず奥にある洋服の存在を忘れてしまったりしちゃいますよね。

そしてはじめはキレイだけど、だんだんグチャグチャにもなってきませんか?

でも全ての衣類を吊るしておけば、干し終わった洗濯物はそのままクローゼットなどに戻すだけ、あっという間に片付けが終わります。

そしてかけて収納するのでよく着る服と着ない服もわかりやすいですし、「これ以上ハンガーにかからない」とわかれば服も買わない、我慢しよう、どーしても欲しいなら捨てるという気持ちになれるのではないでしょうか?

ハンガー収納をする時のポイント

滑らないハンガーを使い、同じハンガーでそろえるとかけられる容量がふえ、見た目もきれいで洋服を選びやすいです。

そして空いている下の空間も上手に使いましょう。
その時おすすめなのが引き出しタイプの衣装ケースです。

クローゼット内に上手く引き出しタイプのケースを敷き詰めます。
その上に板をのせると強度が増すので衣装ケースを傷める事なくカバンや物を収納する事ができます。

ワンルームなどで便利なベット

狭いワンルームでは収納付きのベットが便利です。
収納の仕方や収納量もベットによっては違うので一人暮らしなどでベット購入する時にはおすすめです。

その他にベットの下に隙間があるタイプのベットを使っている方におすすめなのが、ベット下収納ケースというものが売っています。
それを上手く利用すればまた収納量が増えます。

まとめ

皆さんそれぞれはじめから持っている収納ケースもあります。持っているものも違えば持っている衣類なども違います。

それぞれ自分に適しているものは何か考えて快適な生活ができればと思います。