トイレ掃除は頻繁にすべき?楽してキレイを維持しよう

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

トイレは毎日使うものなので頻繁に掃除したほうがよさそうですが、頻繁に掃除するとなるとできるだけ楽にしれいになる方法で掃除したいですよね・・・

そこで今回はトイレ掃除の頻度や、やり方のポイントをまとめましたのでご紹介しますね。

最近増えている楽ちんトイレ掃除道具とは

トイレ掃除の強い味方の掃除道具をみていきたいと思います。

今までのトイレ掃除の主流はトイレブラシでしたが、使っていくうちにブラシ自体が汚れてしまうため筆者も苦手でした。

最近ではさまざまな画期的な掃除道具があるようなのでいくつかご紹介したいと思います。

流せるトイレブラシ

こちらのトイレブラシの便利なポイントは、なんといっても使い終わったらそのまま流せるということです。

また、トイレ掃除用の洗剤ももともとついているので、購入の手間やつける手間がないのもいいですよね。

さらに捨てる際も汚れた部分を手で触らずに捨てられるので楽ちんですね。

モコあわトイレクリーナー

いろいろなタイプのトイレクリーナーがありますが粉タイプのトイレクリーナーは使う際に粉が舞いむせてしまうので、こちらのそのまま泡が出で来るスプレータイプはおすすめです。

さらに、こすらず落ちるのも手間が省けて嬉しいですよね。

まめピカ

ランニングコストがかからず個人的におすすめなのは「まめピカ」

掃除したいところにシュッシュとかけてトイレットペーパーで拭くだけなので定期的に掃除することを考えるとリーズナブルですよね。

100均などに売っている使い捨てのゴム手袋をしてやれば衛生面も気になりません。

筆者はアップルの香りが好きですが、苦手な方はミントの香りもありますよ。

Sponsored Link

トイレ掃除は便器だけじゃない!床の黄ばみ対策

トイレ掃除の中でも気を付けたいのが床の黄ばみです。

染みついてしまうとなかなか落ちないですし、においの原因にもなっているため厄介ですよね。

いったいどうしたら床にこびりついた黄ばみをきれいにできるのでしょうか。

そもそもトイレの黄ばみの原因は尿ですが、その成分は炭酸カルシウムやタンパク質からなる尿素です。

そしてその尿素が二酸化炭素と結合して尿石になります。

この尿石がこびりついてしまうとあのトイレの黄ばみになるようです。

さらにトイレの黄ばみの原因の尿石の性質はアルカリ性のため酸性の洗剤が効果的なようです。

例えば、市販のものであれば酸性と表記してあったりクエン酸入りなどのものを選ぶとよさそうです。

床の黄ばみが頑固でどうしても取れない場合は、「お酢」と「重曹」もしくは「小麦粉」お混ぜたもので床の黄ばみ部分をパックして1~2時間待ちましょう。

先ほどご紹介したような化学効果で驚くほど汚れが取れるそうですよ。

洗剤アレルギーがあったり、お子さんやペットのいるご家庭の人で強力な洗剤を使うのは抵抗があるな・・・という人も家にあるもので手軽にできるので是非試してみてください。

月に一度はしておきたい!タンクの掃除方法

忘れがちなのがトイレのタンクの掃除です。

「え?掃除しないといけないの?」と思った人もいるかもしれませんが(筆者は思いました笑)タンク内は常に水が溜まっているので、水垢や黒カビが発生しやすいようです。

タンク内に発生しているカビなどが便器内の雑菌の繁殖を助長してしまうため、月に1回は掃除したほうがよさそうです。

ほっておくと、体調を崩したことなどをきっかけにさらに病気を引き起こしてしまう可能性もゼロではありません。

そこで、簡単にできるトイレのタンクの掃除方法をご紹介します!

①トイレタンクの蓋を外さずに簡単に掃除する方法

市販のトイレタンク掃除用の洗剤を使用して洗浄する方法です。

タンクの蓋を外さずに市販の洗剤を入れ数時間放置しあとは流すだけというとてもお手軽な方法です。

定期的に掃除するには便利ですね。

②トイレのタンクを外して徹底的に掃除する方法

上記の方法でももちろん掃除はできますが、蓋の裏やトイレタンクの隅など細かいところは汚れが残りがちです。

ですのでしっかりと汚れを落としたいひとは蓋をあけて掃除するのかおすすめです。

方法は、まずトイレの止水栓を止めます。

次に上蓋を外し、中にある中蓋も外しましょう。

上蓋も中蓋も中性洗剤をかけ歯ブラシなどで掃除してください。

洗い終わったあとはしっかりと乾燥させて元に戻すとカビの繁殖のスピードを落とせるので試してみてください。
毎日使うトイレなので清潔に保てるよう、是非いろいろと試してみてくださいね。

以上、「トイレ掃除は頻繁にすべき?楽してキレイを維持しよう」でした