ビジネスの相手にクリスマスカードを送りたい!いつまでに出すのがマナー?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ビジネスシーンでのクリスマスカードってマナーはあるの?

仕事関連のクライアントにクリスマスカードを送付したい、そう考えている方々は多いかもしれません。

年賀状や暑中見舞いのように、特別なハガキをクライアントに送れば上手くコミュニケーションの糸口が出来ます。

また季節のお便りとしてクリスマスカードを作成する事は、単純に楽しい事です。

ビジネスシーンで作成する際のマナーですが、親しい間柄ではない場合、あえてクリスマス色を控え目にした方が良いでしょう。

サンタさんやトナカイやクリスマスツリーのイラストは可愛いですが、あまりビジネスシーンで多用すると子供っぽい印象になりますので要注意です。

あくまでイラストはワンポイント程度に留め、メッセージの方も長文で執筆するのではなく、控えめに要点とお祝いのメッセージを載せる位がベストとなります。

お祝いのメッセージですが、メリークリスマスといったフレーズを日本人は何気なく利用しますが、これは本来キリスト教の文言です。

現代では多彩な宗教があり、相手がキリスト教の方だと確実に判明している場合を除き、メリークリスマスの表現を使うのはやめた方が無難です。

場合によっては相手に大変不愉快な思いをさせてしまい、コミュニケーションのつもりで送付したカードが原因で疎遠になってしまったり、逆に取引の話が破断する等、リスクがありますので本当に文言には要注意です。

Sponsored Link

クリスマスカードは封書? それともポストカード?

クリスマスカードはカジュアルに作成し送付しても良いお祝いのハガキです。

ビジネス文書ではありませんので、封書にこだわる必要はありません。むしろカジュアルな郵便物なのでポストカードの形で送付した方が無難です。

基本的に日本国内では封書の郵便物はビジネス関連の重要なお知らせといった暗黙の了解があります。

相手に気を遣って丁寧にクリスマスカードを梱包して送付すると、返って相手に誤解を与える結果になりかねません。

ポストカードであれば一目でクライアントに、フランクな郵便物だと伝わります。ポストカードは雑貨店などで販売されていますので、シーズン前に買いそろえておきましょう。

良いデザインの物はあっという間に売り切れます。12月に入ってから店頭ではドンドン売れていきますので、直前の買うのではなく執筆の時間も意識して、早めに購入した方がオススメです。

デザインが得意な方は自作してみるのも良いアイデアです。

パソコンとデザインソフトがあれば、簡単に自作可能です。

プリンタに専用のハガキをセットすれば、自分で素敵なクリスマスのお祝いのアイテムが完成します。市販されている物に魅力を感じなければオリジナルデザインの物を自作すれば、それだけ相手にも個性が伝わり良い印象を与えやすくなります。

Sponsored Link

クリスマスカードを送った相手に年賀状は出さなくてもよい?

クリスマスカードを送付したクライアントに年賀状は出すべきなのでしょうか。結論としてはケースバイケースです。

ただし日本人のクライアントであれば、あくまでクリスマスのお祝いのカードですので、別途年賀状は普通に出した方が無難です。

日本のビジネスパーソンの間では、ハロウィン等と同様に一つの行事として扱われており、新年のお祝いだと受け取る人は殆どいないでしょう。

たいして外国人の間ではクリスマスカードが新年のお祝いの物として認識されています。

年賀状は日本の国特有の文化であり、海外ではクリスマスカードが新年のご挨拶として扱われているため、欧米出身のクライアントの場合で、なおかつお付き合いが浅い関係であれば別途年賀状を出す必要はないでしょう。

日本の文化ですので、無理に送付すると返ってマナーに触れる恐れがあります。

ただ国内ではそれぞれ別々の物で通っているため、念のために二通のハガキを用意しておいて、普通にそれぞれの時期に出しておけば安心です。

受け取った側に失礼な印象を与える恐れはありません。年賀状を二通、実際に送付すると失礼な結果になりますが、別々の行事のハガキですので無礼になる事はなく、むしろ受け取った相手は丁寧な対応だと関心してくれる可能性大です。

ビジネス用のクリスマスカードで使えるスマート文例

ビジネス用のクリスマスカードで使いたいスマートな文例ですが「冬の季節のご挨拶です、新年に素晴らしい幸福がありますように」といったポジティブなメッセージのものがオススメです。

宗教色は出来る限り排した方が賢明であり、シンプルな英単語をチョイスしましょう。

他にも「新年のお祝いです、新しい年のご繁栄を切実にお祈り致します」や「あなたの新年に素敵な出来事が一杯あるように願っています」や「来年も今年のように健康的で幸運な生活になるようにお祈り致します」等のメッセージがオススメです。

相手が日本人クライアントの場合、無理に英文で執筆する必要はありません。

親しい間柄ではなく、カジュアルな雰囲気を無くしてシックな文体で構成したい場合は「顧客の皆様へ、素敵なホリデーシーズンを満喫してください。

来年は良い年になるよう、祈念致します」といった風に執筆すればフランクになり過ぎないメッセージになります。

個人的なメッセージを少しだけ添えるのも良いテクニックです。

定番のメッセージだけだと量産されたハガキに見えてしまいます。少しだけ相手への個人的なメッセージを挿入するとオリジナリティが演出出来ます。

「今度、お会いした時は前回のようにランチを楽しみましょう」といった文言があれば親しみやすい印象になるでしょう。