子供の乾燥肌その対策は大丈夫?どうしたらいいか予防法まとめてみた

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

子供の肌は水分を抱え込む力が弱く、乾燥肌になりやすい傾向にあります。

「乾燥肌」は様々な肌トラブルの元となっている可能性があり、子供のカサカサ肌(乾燥肌)で多くのママが悩んでいることがわかりました。

お肌の乾燥や痒みで悩んでいるパパとママ。

子供が乾燥肌になるメカニズムを知り、子供のモチモチでつるつるな柔らかいお肌を守ってあげましょう。

Sponsored Link

子供に乾燥肌が多い理由

子供の肌はとても敏感。

肌トラブルの原因の一つに、皮膚の薄さと柔らかさがあります。

子供の皮膚の厚さは大人の2分の1程度しかなく、それでいて水分量は80%も含まれています。
皮膚の分厚い大人の水分量は65%なので、子供の肌がいかにデリケートなのかこの数字から良くわかります。

そのため正しい肌のケアがとても大切です。

また、子供の皮膚は皮脂の分泌量も安定していないので、皮膚のバリア機能は未熟で、外部からの刺激にとても敏感です。
子供の多くが幼少期に湿疹やじんましん、かぶれや乾燥肌などの肌トラブルを経験するのはこういった理由があります。

ただし、ほとんどの子供が成長するに従い肌のバリア機能が発達し、皮膚が強くなるので、肌トラブルも減っていきます。

Sponsored Link

乾燥肌を放置するとどうなる?

特に、小さい子供の場合はかゆみで夜泣きがひどくなったり、掻きむしってしまいさらに悪化します。
大量の汗がでる夏場は、汗もなどの肌トラブルをおこします。

注意したいのは、皮脂の少ない子供の皮膚からさらに皮脂を落として皮脂不足になると、刺激に対して弱くなるのでさらに乾燥肌になります。

また、秋から冬にかけて空気の乾燥が激しくなると、しっかり対策をしていないと、顔や手足、背中や足など肌のカサカサと痒みが悪化する可能性があります。

正しい保湿ケアを学んで、子供の肌トラブルを未然に防ぎましょう。

Sponsored Link

乾燥肌を引き起こすNG行動

長湯や洗いすぎ

お湯につかると血行が良くなり、お肌に良いことをしている気がしますよね。

だけど、湯船に長くつかり過ぎると肌の乾燥は進むので、特に肌トラブルがある時は長湯は避けたほうがよいです。
また、刺激の強いボディソープは、子供の肌から皮脂を必要以上に取り除いてしまいます。

低刺激のボディソープ少量を良く泡立てて、肌をこすらないよう優しく洗ってあげてください。

自然乾燥

風邪やインフルエンザの防止のため、手を洗う事は大切ですが、一日に何度も手を洗うことで肌の潤い成分は逃げていきます。

手を洗った後はしっかりと水分を拭き取り、肌の負担を減らしてあげましょう。

爪が長い

子供は、肌が痒いと「ダメッ!」と言っても爪で掻いてしまいますよね。

爪で掻きむしることで、皮膚に傷ができたり湿疹ができたりします。
爪に入ったばい菌から飛び火していくケースもあります。

爪を短く切ってあげてください。

Sponsored Link

乾燥肌を予防する3つの方法

保湿を心がける

肌の乾燥には保湿が重要です。
入浴後は時間をおかずにすぐ保湿してあげてください。

夏場は汗をかいてべたべたするので保湿を嫌がりますよね。
化粧水タイプの保湿がおすすめです。

我が家の子供の乾燥がひどい時は、入浴後だけではなく朝着替える時にも保湿をするよう、小児科ですすめられました。
保湿アイテムは以下のポイントをしっかり確認してくださいね。

  • 合成香料などの添加物不使用
  • 着色料不使用
  • 低刺激
  • 天然成分

ビタミンをとる

乾燥肌の症状を緩和するには、ビタミンA、B、C、Eの摂取をおすすめします。

ビタミンA・・・ニンジン、カボチャ
ビタミンB・・・豚肉、大豆
ビタミンC・・・オレンジ、苺、ピーマン
ビタミンE・・・ホウレン草、ナッツ類
皮膚の健康を保つ上で欠かせない栄養素です。

また、肌を作るのはたんぱく質です。
肉や魚、大豆製品、チーズやヨーグルトの乳製品を毎日バランス良く摂るようにしてくださいね。

軟膏を塗る

皮膚科などで処方される「ヒルドイド」と呼ばれる軟膏をお勧めします。
ヒルドイド軟膏は、保湿と血行を良くする働きがあり、皮膚の乾燥やかさつきなどの症状を改善してくれます。

長時間にわたり肌の保湿を持続する効果があり、アトピーにも広く使用されています。
保険適用薬なので価格も大変リーズナブルです。

私も使用したことがありますが、乳液タイプで肌をしっかり保湿してくれます。

Sponsored Link

おすすめ保湿アイテム

保湿に使っているアイテムは、子供の肌に合っていますか?
低刺激のものを使用していますか?
子供の肌の状態に合わせて、正しい対策をおこなってくださいね。

 

アロベビーミルクローション


オーガニックで赤ちゃんを優しく守るアロベビーUV&アウトドアミスト
・1本でUVと虫除け対策ができるミスト
・ミストタイプだから、動き回る赤ちゃんにも使いやすい
・白浮きせずに、お湯で流せる

みんなの肌潤ろーしょん


しっかり丁寧に保湿したい派の方におすすめ。
肌の潤いを十分感じるまで何度も重ねづけしてください。

みんなの肌潤風呂


全身のケアをしたい方におすすめ。
入浴後の身体全体の乾燥が気になる方に。

みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)アトケアタイプ


特定の部位を集中してケアしたい方におすすめ。

まとめ

痒くて掻きむしっている子供の姿を見るのは、可哀想でつらいですよね。
子供にも心身共に大きなストレスであると思います。

小さな子供の乾燥肌を予防したり、治すには親のサポートが必要です。

正しい乾燥肌対策をおこなって、しっかりケアしてくださいね。
保湿だけでなく、毎日の食生活を見直してみてください。