キャットフードのおすすめは?市販の有名ブランドで解説!

キャットフードのおすすめ

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

キャットフードはホームセンターやペットショップ、ドラッグストアなど様々な場所で購入できます。

また、その種類も100種類以上に及び、価格も高いものから安いものまで幅広く販売されています。
 
 
そんなキャットフードの選び方として、どのような事を考慮していますか?

CMで見かけた、聞いたことがある商品名などといった理由で選んでいませんか?
 
 
可愛い猫の健康のためには、キャットフード選びも重要なポイントです。

そこで今回は、キャットフードのおすすめなどをご紹介していきたいと思います!
 
 

愛する猫のために!キャットフードおすすめはこれだ!

キャットフードおすすめ

お手頃価格なキャットフードは魅力的ですが、値段が安い分、原材料や成分の品質が劣るものが多いです。

また、それを補うために人工添加物などが利用されていたりと、安いキャットフードは安全性が低い傾向にあります。
 
 
やはり、キャットフードの安全については気になる飼い主さんも多いはず。

そんな飼い主さん必見!
 
 
ここでは、高品質で安全性に優れたキャットフードをご紹介したいと思います。

「モグニャン」

・価格 通常 4,276円 定期 3,848円

・内容量 1.5kg

・主原料 白身魚

・グレインフリー

・人工添加物不使用

「シンプリー」

・価格 通常 4,276円 定期 3,848円

・内容量 1.5kg

・主原料 骨抜きサーモン

・グレインフリー

・人工添加物不使用

「カナガン」

・価格 通常 3,960円 定期 3,564円

・内容量 1.5kg

・主原料 乾燥チキン 骨抜きチキン

・グレインフリー

・人工添加物不使用

少し価格は高めになりますが、3点とも高品質、安全性はトップクラスです!

通販サイトでの販売となりますが、プレミアムキャットフードとして多くの愛猫家の人に 愛用されているキャットフードになります。
 
 

Sponsored Link

キャットフードメーカーの魅力を徹底比較!

キャットフードメーカーの魅力

上でご紹介したキャットフードは、どれも高品質で安全性の高いものです。

ですが、それぞれ品質などに違いや特徴があります。
 
 
どのような違いがあるかを、比較してみました!

「モグニャン」、「シンプリー」、「カナガン」

この3つの大きな違いは「原材料」です!
 
 
モグニャンは、白身魚が主原料となっています。

白身魚は低脂肪で消化吸収もいいという、優れた高タンパク食材です。
 
 
これを全体の63%とたっぷり使用しています。

次にシンプリーは、サーモンやニシン、マスが主原料です。

モグニャン同様、魚が原材料となっており、高品質なタンパク質が使用されています。
 
 
その量は全体の73%とたっぷり配合しています!

そしてカナガンは、上の2つとは異なり、乾燥チキンと骨抜きチキン生肉が原材料です。
 
 
質にこだわった平飼いチキンを利用しており、私たちでも食べられるほどの高品質なものとなっています。

そんな良質なチキンを60%以上使用しています。
 
 
原材料はそれぞれ違いますが、どの原料も良質な高タンパクというのは共通しています。

さらに安全性に関しての共通点は他にもあります。
 
 
まずは「グレインフリー」であること。

グレインフリーとは、穀物不使用をさしています。
 
 
穀物はアレルギー性が高く、猫にとっては危険な材料になりかねません。

そのため、グレインフリーのキャットフードは安全性が高いといえます。
 
 
そしてもう一つの共通点は「無添加」であること。

安いキャットフードには、賞味期限を長くするために酸化防止剤が使用されているものや、見た目をよくする着色料、風味をよくする香料が入っているものが多いです。
 
 
これらの人工添加物は、私たち人間にも良くないものですから、もちろん猫の健康にも良くない添加物になります。
 
 
このような人工添加物を一切使用していないのも、3つの共通点です。
 
 

Sponsored Link

まとめ

猫はペットといえど、家族同然な大切な存在です。

そのため、普段食べる食事にも気をつけたいですよね。
 
 
特に今回ご紹介したキャットフードは、他のキャットフードと比べものにならない高品質と、ユーザの愛猫家や獣医師から高い評価を得ています。
 
 
是非一度試してみてください!