ココアのカフェイン含有量ってどれくらい?子どもがカフェイン中毒?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

カフェインが多い飲み物TOP3は、コーヒー、紅茶、緑茶です。

そして身体によい飲み物として話題のココアにも、カフェインは含まれています。

子どもが大好きな甘いココアなので過剰な摂取は心配!

また妊娠中の方もカフェインが入っているのならあまりココアを飲まない方がいいのではないか?

とちょっと心配になりますね。

今回はココアのカフェインがどれくらいの量なのか、他の飲み物と比較してみました。

ココアに含まれるカフェインの量は?

ココアも含めカフェインが含まれよく飲まれている飲料150mlあたりに含まれるカフェイン量を比較しました。

  • ココア  10~50mg
  • コーヒー 100~150mg
  • 紅茶   30~75mg
  • 緑茶   40~50mg
  • コーラ  10~20mg

ココアもいろいろな種類がありますが、純度の高いココアパウダーほどカフェイン量が多くなります。

市販の調整ココアはほとんどがカフェインの量を調整しているため、5~10mgしかふくまれていないそうです。

コーラと変わらないのですね。

このカフェイン量は子どもが飲んでも問題ない、と様々な公式サイトで発表されています。

 

公式サイト1:森永

ココアにはカフェインは含まれていますか?

ココアにもわずかにカフェインが含まれています。ココアに含まれるカフェインはお茶やコーヒーに含まれる量よりはるかに少ないので、あまり気にせずにお飲みください。

出典:森永製菓

公式サイト2:バンホーテン

2歳の子どもが飲んでも大丈夫ですか?

カフェインは微量しか含まれていませんので、刺激はそれほどないかと思います。
夜中に飲ませたり、沢山のませるのは控えた方がいいと思います。
食物繊維(消化促進に役立つ)が多く含まれていますので、沢山飲ませると、おなかが緩くなることがあります。いずれにしても、牛乳を多めにして作るといいと思います。

出典:バンホーテン

公式サイト3:明治

カフェインを制限していますが、ココアにはカフェインがどれくらい含まれていますか?

コーヒーやお茶に比べ、ココアはカフェイン含有量が少なく、明治ミルクココアのカフェイン量は、レギュラーコーヒーの約1/16、煎茶の約1/5です。

ココアを赤ちゃんに飲ませてもいいですか?

離乳期以降、薄めに作ったものを少しずつ、様子を見ながら与えて下さい。

出典:明治

このように、ココアには少なからずカフェインが含まれていますが、がぶ飲みするのでなければ、特に問題視する必要はないようです。

どんなものにも言えることですが、飲み過ぎることはよくありません。節度を持ってココアを楽しみましょう。

そもそも飲み過ぎると、カフェインの過剰摂取よりも、糖分の取り過ぎが気になります。

Sponsored Link

子どものカフェイン中毒とはどんな状態?

子どもはカフェインを取り過ぎないようにしよう、と言われるのは、カフェイン中毒という症状が出ることがあるためです。

大人でも出ることがありますから、気をつけましょう。

大量のカフェインを短時間で摂取すると、以下の症状が出ることがあります。

  • 特に理由がないのに、イライラして攻撃的になる
  • お腹に不快感を感じる
  • 排尿時に痛みを感じる
  • 心拍数の増加
  • 呼吸過多
  • コーラやガムにもカフェインが含まれているので、お菓子の食べ過ぎで知らないうちに大量のカフェインを取り過ぎた、というケースもあります。

    市販のココアよりも、コーラや緑茶のほうにカフェインが多いので、気をつけましょう。

    Sponsored Link

    子どものカフェインの摂取量の目安

    カナダ政府によると、子どものカフェインの1日の摂取量の限度以下の通りです。

    • 4~6歳  45mg
    • 7~9歳  62.5mg
    • 10~12歳 85mg

    身体が小さいほど、1日の摂取量の限度も少ないです。

    ただココアの150ml当たりのカフェイン量は10~50mgでしたね。

    極端な飲み方をしなければ、ココアを飲んでも問題ありません。

    兄弟がいて同じように飲みたがる場合には、小さい子には少し薄めてあげましょう。

    Sponsored Link

    ココアは何歳から飲んでいいの?

    カフェインが含まれているココアですが、フォローアップミルクを開始する約9カ月頃の赤ちゃんから飲むことができます。

    まずお試しに、純ココアをティースプーン1杯程度混ぜたミルクから始めてみましょう。

    ココアは食物繊維を多く含んでいるので、便秘予防にいいのです。

    1歳を過ぎたら、少し薄めのココアをおやつの時に飲んでもいいですね。

    便秘予防になっていいのですが、取り過ぎると逆におなかが緩くなります。

    子どもの様子を見ながら、少しずつあげましょう。何事も飲み過ぎはよくありません。

    Sponsored Link

    妊娠中のプレママや授乳中のママへの影響

    カフェインは、胎盤や母乳を通して直接胎児や赤ちゃんに届きます。

    栄養や他の成分と同じですね。

    カフェインの影響は、赤ちゃんの発育障害や胎児の早産につながることも分っています。

    しかし、ココアは食物繊維の外に、鉄分を多く含んでいるので、妊娠中のプレママや授乳中のママにはお勧めの飲料です。

    少量のカフェインでもダメと言う訳ではないので、安心してください。

    許容量の目安です。
    ・WHOでは1日300mg
    ・英国食品基準超では1日200mg

    100mg以上摂取すると、胎児の発育遅延や早産のリスクが少しずつ上がると報告されています。ちょっと厳しめに自制する方がいいかもしれません。

    ではどれくらいなら、許容範囲なのでしょうか。

    • ドリップコーヒー   1杯程度
    • インスタントコーヒー 1~2杯程度
    • 市販のココア     8~10杯程度
    • 煎茶         2~3杯程度
    • 紅茶         2~3杯程度

    が目安です。

    しかし飲みたいのを我慢してストレスを感じると、そのストレスのほうが赤ちゃんに悪影響を与えます。

    意外ですが、風邪をひいてバファリンやイブを飲むと、2錠の中に、ドリップコーヒー1杯程度のカフェインが含まれています。注意しましょう。

    そもそも妊娠中や授乳中は自己判断で薬を飲むよりも、病院で医師に相談したほうが安全です。

    私は授乳中の時に、漢方薬を処方されました。

    即効性はないですが、赤ちゃんに影響がないから、と説明されました。

    まとめ

    子どもや妊婦さん授乳中のママでも、ココアは安心して飲める飲料だとご理解いただけたと思います。

    市販のココアのカフェイン量は、神経質になる程の量ではなかったですね。適切な量を楽しむ程度ならいいのですが、飲み過ぎはいけません。

    またココア以外にも、ココアを含んだ麦芽飲料のミロがお勧めです。

    ミロは子どものための飲み物というイメージがありますが、ミネラルやビタミンを沢山含んでいるので、大人にも嬉しい栄養素が詰まっています。

    ミロも1歳前後の子どもから飲むことができますし、ココアよりカフェインの量も控えめなので、おやつに使えます。

    何を食べるかは子どもに大きな影響を与えます。

    元気で丈夫な体を作るために、最低限の知識を身につけたいですね。