おしゃれなカフェの経営をしたい!初めに学ぶべき経営の基本!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

親しい人と楽しく話したり、新たなコニュニティーを広げたり、おいしいコーヒーを飲みながらリラックスしたりしたいときに欠かせないのがカフェですよね。

そんなさまざまな人の心のよりどころといっても過言ではないカフェの経営をしたい!なんて人も多いのではないでしょうか?

「都内のおしゃれな場所でこだわりのカフェを経営したい」

「地元に帰ってみんなが安らげるカフェを経営したい」などいろいろな想いがあると思います。

しかし実際にカフェを経営したい場合、具体的には何から始めればいいのでしょうか。

今回はカフェの経営のノウハウや、カフェの経営で陥りやすい失敗例などをまとめてご紹介しますので参考にしてみてください!

はじめてのカフェ経営!経営の基本とは?

とはいえ、経営自体初めての人は、なにからしたらいいのかいまいちわからないですよね。

飲食店の中でもカフェは居心地がいい分回転率が悪く、1商品あたりの単価も低いため利益がでにくいと言われています。

ですので、カフェを自分で経営するのは簡単ではないと思っておいた方がよさそうです。

しかし一度きりの人生なので夢は必ず叶えたいですよね!

こんなカフェを経営できたら楽しいなと夢は膨らみますがまずは経営の基本を押さえましょう。

どんな会社経営にも共通する経営の基本は「利益を出し続けること」です。

当たり前に感じるかもしれませんが、これが経営の基本であり本質です。

なので、自己実現や社会貢献ももちろん大切ですがカフェ経営はボランティアではないのでどうすれば利益を生み出せるかを常に考えることが重要です。

長期的に利益を出すことを軸に置くとおのずとなにをすればいいのかみえてきそうですね。

Sponsored Link

多くの人が失敗してしまうカフェ経営

憧れのカフェ経営がかなったとしても、数年後には「経営に失敗した・・・」という人も多いのが現実。

でも、やるからには経営には失敗したくないですよね。

そもそも会社を作ること自体は無料でできるのですが、どのくらいの会社が経営に成功し生き残っているか聞いたことはありますか?

実は、実際に起業した会社が10年続く確率はたったの3%なのです。

そのくらい会社経営は厳しく利益を生み続け、会社を存続させるということは難しいことなのです。

また、カフェ経営の失敗したときのリスクとして多大な借金が残ってしまうこともあるので準備はしっかりしたいですね。

カフェ経営をするにはどうしたらいいの

経営の勉強をしたり、カフェで提供するもののこだわりを追及したりする以外にもカフェ経営をするには何が必要なのかポイントをまとめたので一緒にみていきましょう。

・先立つものは「開業資金」
やはり開業のための資金は必要不可欠。

まれに自己資金がほとんどなく開業したという人もいますが基本的にはカフェ経営のための資金はあった方がいいですよね。

カフェをオープンしたい場所によって金額は大きく変わると思いますが、平均して500万円前後はあった方がよさそうです。

内訳は、大きく分けて①店舗の契約費用②改装費用⓷軌道に乗るまでのランニングコストの3点です。

まずは、「店舗の契約費用」

店舗用の賃貸を契約する際は賃貸料の半年~10カ月ほどの保証金が必要です。

首都圏になると1カ月の賃貸料100万円なんてところもありますが、15万円前後が平均なので店舗の契約費用としては100万円はかかります。

つぎに、「改装費用」

素敵なカフェを経営するうえでお店の内装は重要ですよね。

「安っぽくなってしまいおしゃれとはかけ離れた・・・」や

「何度も壊れてしまい修理したり新しいものに変えたら結局お金がかかった・・・」
なんてことにならないようここはプロにお任せするのが無難ですね。

業者に依頼することを踏まえると300万円は必要です。

最後に、「軌道に乗るまでのランニングコスト」

下準備はできた!さあ、カフェのオープンだ!となっても最初はなかなかうまくいかないですよね。

安定的な集客が見込めるのが早くても半年かかるとすると、少なくとも半年分のランニングコスト分の費用は用意したいもの。

そうなると1人でカフェを経営、営業するにしても賃料、材料費、光熱費、広告費等がかかるので100万円は準備しましょう。

上記3点を合わせると500万円になります。

例えば、今から5年後にカフェをオープンしたい!ということであれば毎月約8万円をためればいいのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

・カフェのコンセプトはニーズをとらえる

自分のこだわりのカフェを経営するとしてもあくまでお客さんがいて成り立つため、今どんなニーズがあるのか情報収集をすることは必須です。

どんなに自分がいいと思ったカフェだとしてもお客さんのニーズに合わなければ残念ながら集客も増えませんよね。

カフェのコンセプトを決める際は万人にウケるものよりも、人々の熱いニーズがあってかつ、そのニーズを満たせるものがまだほとんどないということを見つけてそこを売りにできるといいですね。

希少性と需要の高さが成功のカギかもしれません。

・お店のよさをアピールすること

現代は大多数の人がSNSを使っています。

某PPAPの歌手?であったり某大阪の高校ダンス部であったり、SNSから話題になり活躍している人は多いですよね。

ですので、自分で定期的に情報をアップしたり、知り合いを巻き込んだりしてSNSをカフェ経営のためにフル活用しましょう。

SNSを制する者は、カフェ経営の成功を制するのです!

Sponsored Link

実際に長年カフェを経営している人から学ぶノウハウ!

ここで注目したいのがカフェ経営の先輩ですよね。

長年カフェを経営している人にはどんなノウハウがあるのでしょうか。

成功しているカフェのノウハウの共通点をいくつかピックアップしてみましたので一緒にみていきましょう。

1、ドリンクや軽食がおいしい

来店している理由はお客さんにとってさまざまではありますが、カフェたるもの飲食を提供しているため味のレベルは高いに越したことはありません。

気になったからきたものの、味はちょっと・・・というお店の常連にはならないですよね。

老舗カフェの経営ノウハウとして、必ずと言っていいほど他にはないおいしさのドリンクや軽食がありますよね。

2、立地がいい

どんなに経営を頑張っても人が全然いない町や、ボロボロのビルの中にあるなんてところでは続けていくのは厳しいですよね。

以前人気があったカフェでもビルの取り壊しと同時にやむなく閉店・・・

なんてこともあるようなので好立地にカフェをオープンしているということもカフェ経営のノウハウのひとつですよね。

3、店主が健康

カフェ経営のノウハウのもっとも重要なことのひとつとして健康管理があります。

ちなみに、健康診断は毎年1回は受けていますか?

長期間カフェ経営を続けることを考えても健康でないとカフェの経営も営業もできないですよね。

カフェを経営することは大きなやりがいではありますが、睡眠時間が極端に減ってしまう時期があったり、常に成功させなければというプレッシャーが付きまとうため体力が必要です。

長年カフェ経営ができている先輩たちに習って、健康に長生きできるよう栄養のあるものをしっかり食べてくださいね!

なにはともあれ、自分でカフェを経営したいということはとても素敵なことですよ。

夢のカフェ経営の実現のために是非がんばってください!

以上、「おしゃれなカフェの経営をしたい!初めに学ぶべき経営の基本!」でした。