豊前海一粒牡蠣祭り!地元民が伝える見どころや近隣の駐車場!

豊前海一粒牡蠣祭り

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

福岡県で牡蠣と言えば糸島なのですが、実は意外と牡蠣の食べどころがないのが北九州です。

北九州にはもちろん牡蠣のお店はあるのですが、数は他の飲食店に比べると圧倒的に少ないです。
 
 
そんな中1年に1回1月下旬から2月上旬に行われるのが門司港レトロで開催される「豊前海一粒牡蠣祭り」です。

もう10回以上行われていて知る人ぞ知る祭りになりました。
 
 
飲食店での牡蠣を食べる機会が少ない北九州市民には珍しく思える祭りで、年々人気が増加して現在に至ります。

土日で行われる祭りで200席の牡蠣を焼く席が用意されて開かれますが、行く度行く度行列になっています。
 
 
門司港レトロ自体が北九州の観光スポットなので、初めて来る方にはとても楽しめる場所と祭りだと思います。

 
 

豊前海一粒牡蠣祭りの楽しみ方・見どころは?

祭りの内容は牡蠣を焼く席を貸してもらえるので、好きなだけ焼いて好きなタイミングに帰れます。

受付の時点で購入する牡蠣の量を注文して、焼き牡蠣セットとしてバケツや醤油なども購入できるので手ぶらで行って大丈夫です。
 
 
豊前海でとれた牡蠣は大きくてプリプリで有名です。

多い人は4キロの牡蠣を食べる人もいるくらい美味しい牡蠣です。

 
 
席では炭を使って牡蠣を焼いていきます。

うちわであおいで加熱させていきます。

これも自分でするので始めは慣れないと思いますが、スタッフの方もいっぱい居ますし、そこも楽しんで牡蠣を味わっていただければと思います。
 
 
醤油や柚子胡椒なとで味を楽しみたい方はご自分で用意してもいいと思います。

食べ終わったら片付けをして借りた焼き牡蠣セットを返して終わりなので簡単です。

毎年行列がすごい祭りなので並ぶことを考慮して防寒対策が必要だと思います。

 
 
ただ頑張って並んでお腹を空かせて食べる牡蠣は格別です。

この祭りが人気の理由はもうひとつあります。それは牡蠣祭りの会場に出店が多く出ることです。

しかも1つとか2つとかではなく10店舗近い出店が並びます。
 
 
種類も豊富で毎年種類は異なりますが、果物や野菜の出店がでてたり、福岡ということでラーメンがでていたり、お肉系の焼き鳥や唐揚げなどの出店がでてたりと色々楽しめます。
 
 

もちろん牡蠣と言えばお酒のおつまみにもなるので、ビールやジュースの販売もしてます。

北九州は美味しい食べ物がいっぱいある町なので牡蠣もさることながら、出店で美味しい食べ物も堪能できるのも人気の1つだと思います。
 
 

リピーターも多いみたいですが、初めてくる方も多いと知り合いから聞いたことあります。

なので初めて来る方でも気軽に参加できる祭りだと思います。
 
 

門司港レトロで開催されるということで、門司港レトロ自体にお食事処やデザートもあるのでこちらでも楽しめると思います。

インテリアや雑貨店もありますし、オルゴールが有名で手作りで作成できたりするのでお子さんからご年配まで幅広く楽しめる祭りであり、場所であると思います。
 
 

牡蠣が好きな方、牡蠣を食べたことない方是非一度この祭りを体験してみてはいかがでしょうか?

 
 

Sponsored Link

開催場所と開催時期、日程

開催場所:

福岡県北九州市門司港レトロ

開催時期:

2019年2月2日~3日

 
 

Sponsored Link

アクセスは?公共交通機関(電車・バス)と車のどっちがおすすめ

アクセス:

門司港駅から徒歩3分、車は近くに有料パーキングあり

臨時の駐車場はありますが有料で、複数の有料パーキングがあります。台数は分かりませんが多くはないです。

 
 

Sponsored Link

混雑具合、来場者数など子供やお年寄りと行って大丈夫か?ベビーカーはOK?

 
 

Sponsored Link

まとめ

北九州市の中でも牡蠣が食べれる祭りは本当に少なくて楽しめる祭りだと思います。

 
 

普段から牡蠣が好きな人も牡蠣を食べたことない人も色々な楽しみ方がありますし、出店も多くでて賑わいものある祭りです。

公共機関でも車でもこれますし、場所も分かりにくい場所ではないです。

豊前海の牡蠣は大きくてコクがあることで有名です。

 
 

10回以上開かれている実績のある祭りですし、1人でも多くの方に来ていただいて幸せな気持ちになっていただけたらいいなと思います。