脳の発達は3歳までに完成する!?健康脳を作るのに必要な栄養は?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

人間の脳はなんと3歳までに、90~100%完成すると言われています。

ということは健康な脳を作るために必要な栄養を、3歳までに摂る必要があります。

さらには、赤ちゃんが育つ胎内環境も脳の発達に影響するそうですよ。

新陳代謝により体の細胞は常に生まれ変っていますが、子宮は3年前に食べていた物で作られているそうです。

つまり、赤ちゃんが胎内に宿る3年前から生まれて3年後まで、この6年間は赤ちゃんにとって非常に大切な黄金期なのです。

おなかの中にいる間に、脳細胞の70%は作られているそうですよ。

結婚してから体に気をつけても遅い、ってことですか。あまりにもショック!

若いみなさん、赤ちゃんの脳の発育に必要な栄養について紹介するので、予定のない方もしっかりと意識していきましょう。

親が子どもに期待することは?

ベネッセが2009年に行ったアンケートから、親が子どもに期待していることが分かりました。

  • 自分の目標に向かって努力してほしい
  • 人に対する礼儀やマナーを身につけてほしい
  • 友達をたくさん作って欲しい
  • 豊かな感性を養ってほしい
  • 得意なことを伸ばしてほしい
  • ものごとへの集中力を身につけてほしい
  • 自分の思いを伝える力を高めてほしい

これらの力は脳の発育と大きく関係しています。

小さな子どもは、目、耳、鼻、触覚など全身を使って、スポンジのように情報を吸収していきます。

情報の受け皿である脳がしっかりしていないと、せっかく吸収してもうまく処理ができません。

自分で考える力をつけることは、生きていくうえで非常に大切です。ぜひ親としてサポートしてあげたいですね。

Sponsored Link

脳に必要な栄養素「良質な脂質」

脳の60%は脂質で作られています。

質の悪い脂質よりも、良質な脂質がいいのはわかりますよね。

質の悪い脂質の代表はトランス脂肪酸、別名「食べるプラスチック」と呼ばれている脂質です。

これらはマーガリンやショートニングなどの脂質です。

子どもの好きなケーキ、クッキー、食パン、コンビニの食べ物、ファーストフードの食べ物、などに多く含まれています。

どれくらい体に悪いのか
質の悪い脂質を含んだ食品を食べているママの母乳を絞ってしばらく放置していると、なんと表面に油が浮いてきます。

その油を大人よりもずっと体の小さい赤ちゃんが全部取り込んでしまいます。

大人よりも体の小さい赤ちゃんが飲むことで、どんな悪影響が出るか、恐ろしいばかりです。

2013年から米食品医薬品局(FDA)が、トランス脂肪酸の使用禁止を検討していました。

そして2018年6月までには、アメリカの食品添加物から全廃すると発表しました。

アメリカよりも日本の方が安全と思われているかもしれませんが、日本が遅れている情報も沢山あるのです。

Sponsored Link

油を摂る時に気をつけたいこと

古い油は子どもだけでなく、大人も食べないようにしましょう。

揚げ物をした油を翌日に使うのも危険です。

トランス脂肪酸以外にも、動物性の油を摂りすぎるのもいけません。

質の悪い油を吸収すると、その油を材料として自分の脳が作られていくのです。

いくら胎教や赤ちゃん教育を頑張っていても、肝心の脳ががたがたで穴ぼこだらけなら・・・

いい情報が入ってきても脳が受け止められないですね。

どのような油なら食べてもいいのでしょうか
脂質には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二つがあります。
 
飽和脂肪酸:
取り過ぎると中性脂肪やコレステロールなどが増加します。
バターや肉などの動物性の食品に多く含まれていて、食べ過ぎには注意しましょう。
 

不飽和脂肪酸:
オメガ3、オメガ6、オメガ9の3種類があります。
 
これらをバランスよく摂ることが大切です。
 
現代の日本人はオメガ6脂肪酸を多く摂り過ぎる傾向にあります。
 
オメガ6を摂り過ぎると、コレステロールを低下させますが、善玉コレステロールも下げてしまいます。
 
オメガ3の摂取量はどんどん低下しているので、意識して摂るようにしましょう。

脂質をバランスよく摂取するために、
オメガ6脂肪酸を控える
オメガ3脂肪酸を意識して摂ることが大切です。

DHAを摂ろう

オメガ3脂肪酸の一種、DHAを意識して摂りましょう。ブレインフードと言われるくらいの栄養です。う~ん、脳によさそう。

青魚に多く含まれていて、頭がよくなる、と聞いたことのある人も多いでしょう。

認知症の予防や子どもの学習にも効果があると、多くの研究で発表されています。

3歳までの子どもは、自分で必要な栄養を選択することができません。ぜひ親が気を付けてあげたいですね。



Sponsored Link

健康な脳を育てましょう

子どもの脳には無限の可能性が広がっています。

いい音楽を聞かせて、絵本を読み聞かせても、それを吸収する健康な脳が作られていてこそ意味があります。

幼稚園、小学校、中学校と成長するにつれて、得意なことや将来の夢も見つかるでしょう。

その時に子どもの夢を実現する原動力となる健康な脳は、3歳までの栄養の取り方でほぼ100%出来てしまう、ことを知っておきましょう。

肝心の脳が健康に作られていないと、本来の教育効果は期待できませんね。

Sponsored Link

DHAはどうやって摂ったらいい?

日本人のDHAの摂取量は減少傾向にあり、若い人だけでなく、どの年代でも不足しています。

  • 食の欧米化で魚よりも肉を食べるようになった
  • 魚の調理を面倒に思う人が増えた
  • 魚の生臭みが苦手な人が増えた

などが理由として挙げられます。

またDHA&EPAは加熱により壊れやすい栄養でもあります。

焼き魚にしたりフライにすると、40%も壊れてしまうそうです。

煮物にすると、煮汁に流れてしまうのですが、煮汁をすべて飲むわけにはいきませんね。塩分の取りすぎも気になります。

摂りたいけれど摂りにくいのが現実です。

だったらサプリメント

摂りたいけれど食事だけでは十分なDHAが摂れないのが現実なら、サプリメントを活用してみましょう。

子どもが生まれる前のママも、出産後のママも、これなら手軽に摂取できます。



最初のきっかけはやっぱり子どものためです。

子どもを授かったときに、友人からDHAは絶対に摂っておいた方がいいと言われて飲み始めました。

勿論子どもは元気に成長しているし、私も最近「きれいになったね」と友達から言われるようになりました。

DHAの口コミ1 28歳女性
 
 
妊娠中から飲むと子どもにもいいとテレビで知って飲み始めました。

DHAを飲み始めてから5年になります。小さい子供も飲める小さな粒なので、学ぶ力をつけるために飲み続けます。

DHAの口コミ2 29歳女性

 
 

「赤ちゃんの成長が良くなるなら…」と出産前から飲んでいました。

無事に出産も出来て、赤ちゃんもとっても元気で賢く育っているので、本当に良かったです。

赤ちゃんにはしっかりと栄養を与えていきたいし、しっかりと元気に賢く育って欲しいです。

だから授乳が終るまでしっかりと飲み続けました。

DHAの口コミ3 31歳女性

質の高いDHAを摂ろう

DHAは60%以上が吸収されると言われています。
酸化しやすい性質のため、質の高いDHAを摂りましょう。

質の高いDHAとは、

  • クリルオイルとアスタキサンチンが配合されている
  • 返金保証がある
  • GMP取得工場で作られた安全品質

の3点は押さえておきたいポイントです。

子どもの脳の発育にとって評判のいいDHAサプリメントを紹介します。

第一位:TVでもおなじみ【DHA&EPA 青魚サラサラパワー】

DHAを豊富に含む青魚のカツオを独自製法で高濃度抽出。
DHA・EPAを酸化から守るサージ配合。
さらにビタミンEも配合することで強力に酸化をガード。

八幡物産のDHA&EPA青魚サラサラパワーの公式サイトはこちら
【やわたのDHA&EPA】

第二位:みんなのみかたDHAドリンク

お子さんでも飲みやすいヨーグルト風味の美味しいDHAドリンク
1本(125ml)あたり、334mgのDHA・EPAを配合しています。
【DHA・EPAの1日接種目標量の1/3を美味しく補います】
健康維持が期待できる1日に必要なDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)の接種目標量900mgの1/3がこれ一本で簡単に摂取できます。

みんなのみかたDHAドリンクの公式サイトはこちら
【みんなのみかたDHA】

まとめ

若いママの中には栄養の知識が十分でない方もいます。

乱れた食生活が問題となっている現代では添加物を摂りすぎたり、栄養が偏ることで、

・アトピーの赤ちゃんが増える
・子どもの情緒が不安定になる

などの悪影響が心配されます。

親の努力で出来ることは、たくさんあります。

子どもの明るい未来のためにも、出来るだけの愛情を注いであげたいですね。