圧力鍋でご飯を炊くならフィスラーがおすすめ!?

圧力鍋でご飯を炊く

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

煮込み料理などは、出来上がりまでに時間がかかります。
 
 
そんな時に活躍するのが圧力鍋です!
 
 
煮物やカレー、焼豚など様々な料理に使えるので、1つ持っておくととても便利です。
 
 
私も圧力鍋は月に1、2回お世話になっています。

そんな圧力鍋なのですが、なんとご飯も炊けてしまうんです!
 
 
そこで今回は、圧力鍋での炊飯や簡単レシピなどをご紹介したいと思います!
 
 

電子レンジ圧力鍋でご飯を炊くと絶品!?

圧力鍋というと、煮込み料理に使う人が多いと思います。

ですが、煮込み料理以外にも白米も炊けてしまうんです!
 
 
ご飯を炊き忘れても、圧力鍋を使えばあっという間に炊くことができます。
 
 
なかでもフィスラーの圧力鍋は使いやすいとたくさんの人から支持されています。
 
 
フィスラーとは、1845年創業の調理器具メーカーで鍋界の中で王様的存在といわれています。
 
 
そのため、料理好きな人からプロのシェフと

多くの人に愛用されているメーカーです。
 
 
そんなフィスラーの圧力鍋を使った白米の炊き方を調べてみたのですが、なんと1分の加圧で炊き上がってしまうそうです!
 
 
しかも浸水不要のため、思い立ったらすぐにご飯を炊くことができます。

炊きかたもご紹介しておきますね!
 
 
〈材料〉

・米 3合

・水 540ml

〈作り方〉

①米をとぎ、ザルにあげて水気をきる。

②鍋に米と分量の水をいれ、フタをする。

③メインバルブを高圧にセットし、強火にかける。

④圧力表示の緑が見えたら弱火にして、1分加圧。

⑤火を止めフタを閉めたまま、自然放置して

圧力表示が完全に下がったらフタをあけて上下を返すようにかき混ぜる。
 
 
圧力がかかるまでの時間は入れていませんが、1分の加圧でご飯が炊けてしまうなんて便利ですよね!
 
 
さらに圧力鍋には、火を使わない電子レンジ専用タイプもあります!
 
 
このタイプの圧力鍋でも、ご飯を炊くことが可能です。

電子レンジ圧力鍋のご飯の炊き方も合わせてご紹介しますね!
 
 
〈材料〉

・米 2合

・水 360ml

〈作り方〉

①米を洗い、30分吸水させる。

②鍋に米と分量の水を入れ、600Wの電子レンジで

10分加熱。その後、10分蒸らしたら完成!
 
 

電子レンジ圧力鍋だと吸水が必要となりますが、レンジにかけてからはたったの20分で炊き上がります。
 
 
仕上がりは、炊飯器で炊いたご飯と変わらないという感想がありました。
 
 

圧力鍋の使い方を簡単レシピで実践しよう!

ここでは、実際に私が圧力鍋でよく作るおすすめレシピをご紹介したいと思います!
 
 

・手羽元で参鶏湯

〈材料〉

・手羽元 8本

・長ネギ 1本

・しめじ 1パック

・白米 大さじ3

・しょうがチューブ 小さじ1

・酒 大さじ2

・塩 小さじ1

・水 800cc

・ブラックペッパー 適量

〈作り方〉

①手羽元は包丁で切り込みをいれ、長ネギは3〜4㎝のぶつ切り、

しめじは石づきを取って小房に分けておく。

②圧力鍋にブラックペッパー以外の材料を全ていれ、

フタをして強火にかける。

③圧力がかかってきたら、弱火にして15分加熱する。

④自然冷却して、仕上げにブラックペッパーをかけたら完成!

・サバの味噌煮

〈材料〉

・サバ 4切れ

・味噌 大さじ2 ★

・しょうが 1かけ ★

・酒 大さじ4 ★

・みりん 大さじ3 ★

・砂糖 大さじ4 ★

・水 1カップ ★

仕上げ用 味噌 大さじ1、醤油 小さじ1

〈作り方〉

①ざるにサバの皮を上にして置き、熱湯をかける。

キッチンペーパーで水気を拭き取り、十字の切れ込みをいれる。

②生姜は皮をむいて、薄くスライスしておく。

③圧力鍋に★の調味料をいれてよく溶かし、サバを並べる。

フタをしたら火にかけ、35分弱火で加圧する。

④自然冷却し、フタを開けたら仕上げの味噌と醤油を

加えて煮詰めたら完成!

 
 

Sponsored Link

まとめ

圧力鍋を使えば、煮込み料理はもちろん、ご飯もあっという間に炊けてしまいます!
 
 
ちなみに白米以外にも分量や時間は変わりますが、玄米でも炊けるそうです!
 
 
1台持っていると便利な調理器具なので、おすすめですよ!