運動会のお弁当のおかず時短作戦!大忙しママのための簡単レシピ

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今日は運動会だ!お弁当だ!と張り切る子供を横目に、お母さんは朝から大忙し。

毎日お弁当を作っているお母さんでも、運動会のお弁当となると格別の忙しさです。

唐揚げいれてね、おにぎりとサンドイッチ両方食べる、など、それぞれ自分の好きなおかずをリクエストしてきます。

短時間で子供の喜ぶお弁当を作るコツや簡単レシピを紹介します。

お弁当のおかず時短作戦

下ごしらえは前日にしましょう

唐揚げは下味をつける。エビフライやとんかつなどメインのおかずは前日に下味と衣をつけるなど、出来るだけ処理しましょう。

当日の朝は揚げるだけで完成

煮物、和物、サラダは前日に作りましょう

筑前煮、ひじきの煮物、ほうれん草のおひたし、インゲンの胡麻和え、ポテトサラダ、マカロニサラダなどは、前日の夜に作っておきましょう。

煮物は一晩置くことで味がしっかりと沁み込みます。ポテトサラダやマカロニサラダは水分が出ることも少ないので、作り置きをしていても大丈夫です。

キッチンをフル稼働しましょう

ガスレンジやIH、電子レンジ、トースターなど台所器具をフル稼働しましょう。

同時に調理することで、時間が短縮できます。どのように段取りしたらいいか、メニューと一緒に料理の手順を考えましょう

朝すぐに使える状態のキッチンにしましょう

前日の洗い物などが残っていると、すぐに調理にかかれません。

料理に使う材料や調味料もすべて揃っているか確認しましょう。

調理の際の洗い物も少ないほうが後片付けが簡単になります。

牛乳パックをまな板にしたり、ラップを活用するなど、後処理も考えましょう。

簡単おかずレシピ

肉系



・オクラの豚肉巻き

出典:クックパッド

アスパラガスでもインゲン豆でもいいので巻きましょう。冷凍ポテトを使う方法もあります。

・塩こんぶの肉団子
出典:クックパッド

冷めてもおいしい肉団子です。お弁当のおかずにもってこい。

・めんつゆの豚肉巻き
出典:クックパッド

めんつゆが薄切り豚肉によく絡んで美味しいです。

・手羽元とたまごの煮物
出典:クックパッド

手羽元は甘めの味付けがしっかりしみ込んで、食べやすいです。

・ササミの梅チーズ焼き
出典:クックパッド
http://cookpad.com/recipe/2952559
ササミは軽く茹でても大丈夫。さっぱりとした梅とチーズの相性も抜群です。

野菜系

・クレイジーソルトでカラフル弁当
http://cookpad.com/recipe/2803920
前日に仕込めます。クレイジーソルトで味付けしたカラフルな一品です。

・きんぴらごぼうの春キャベツ巻
http://cookpad.com/recipe/1835124
きんぴらごぼうと一緒にマヨネーズや明太子を巻くとサラダ感覚で食べられます。

・厚揚げと煮込みちくわ、ほうれん草の煮物
http://cookpad.com/recipe/2966396
ほうれん草の緑が目に鮮やかです。

・ハム巻きサラダ
http://cookpad.com/recipe/1303944
チーズやキュウリを巻きましょう。なんでも巻いてサラダにしましょう。

・里芋と鶏の煮物
http://cookpad.com/recipe/2587658
インゲン豆やソラマメを入れてもきれいです。冷めてもおいしい煮物です。

・ジャガイモのカレーバター和え
http://cookpad.com/recipe/2912043
レンジでチンしたジャガイモにカレー粉とバターを和えるだけ。

・長いものバター醤油
http://cookpad.com/recipe/2935056
レンジでチン。簡単なのにうまみがあります。

その他の一品

・ちくわ巻き揚げ
http://cookpad.com/recipe/2177898
ウインナーに火を通すと花びらのようになって可愛いです。

・ゆで卵のお花
http://cookpad.com/recipe/957944
卵の黄身が菜の花のようです。

・揚げてないイワシマヨフライ
http://cookpad.com/recipe/985303
マヨネーズとパン粉をつけてフライパンで軽く焼くだけです。

運動会の朝はお弁当を作ることでお母さんの頭の中は一杯

運動会を見に来るおじいちゃん、おばあちゃんの食べるおかずも考えて和風のおかずもいるし、人数分のおにぎりも握らなくてはいけません。

子供が運動会で頑張るんだから、とお母さんも負けずに早起きしてお弁当作りに励んでしまうのではないでしょうか。

早起きしすぎて、運動会中に疲れが出ないようにしたいですね。

運動会のお弁当は冷めても美味しいことが大切です

気温によっては食中毒にも十分気をつけましょう。

彩も考えて、お弁当のふたを開けた時に、うわー、と子ども達が喜んでくれると、お母さんの疲れも吹き飛びます。

揚げ物は当日朝に作るのが美味しいですが、下ごしらえは前日にしておく。作り置きできるおかずは前日につくっておく、など同時進行でどの作業が出来るか考えて当日は動きましょう。

洗い物を減らすために必要最低限の調理器具で料理をするのも腕の見せ所。お弁当を持って出かける時には、キッチンもすっきりしている、なんて素敵ですね。

おわりに

運動会当日が来る前に、すでにお弁当の準備は始まっています。

段取りよく作業することによって、運動会をゆっくりと楽しみましょう。

邪魔にならない程度に、子供に手伝いを頼むのも方法ですよ。