眼精疲労は栄養不足が原因!?気になる症状のチェックと対処法は!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

スマホやパソコンの画面を見ることに、つい夢中になり、気がつくと長時間画面を見続けていて、目の疲れを感じることっておおくないですか?

眼精疲労で悩まれる方って多いですよね!

今は子供から大人まで、スマホを持っている時代で、パソコンやスマホは無くてはならない存在ではないでしょうか。
スマホ一つでたくさんの情報がすぐに手に入り、小説や雑誌が読めたり、魅力的なゲームが沢山あります。

でもスマホに夢中になると、まばたきをする回数が減り、目が乾き、疲れの原因となり、パソコンやスマホなど近いところを見続け目を酷使していると、目の疲れが溜まり、ひどくなると頭痛や肩こり、視力の低下を引き起こします。

目の疲れの原因やそれを和らげる方法ってどんなものがるのか気になるところですが、眼精疲労は栄養不足が原因ってこともあるそうなんです!?

多くの方は、目が疲れたと感じると、目を休めたり、目の周りを温めたりするかと思います。

でも今回は、目の疲れは「栄養不足が原因」という観点から原因と対策をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

「眼精疲労」と「眼疲労」

パソコンやスマホなど近いところをずっと見続けていると、目の周りの筋肉が固まってしまします。
この目の疲れが溜まっていくと、さまざまな症状がでてきます。目の疲れを2種類に分けて見ていきます。
「眼疲労」は、目がかゆい、目がかすむ、目が乾く感じがするが、睡眠や目を休めることで疲れが回復するもの。
「眼精疲労」は、目を休めても疲れが取れない、重たい、目の痛み、頭痛、肩こりなどの症状を引き起こします。
重症化する前に目を休めたり、マッサージをして血行をよくするなど、対策するようにしましょう。

Sponsored Link

目の疲労回復に必要なこと

目の疲れを癒すには、外と内の両方からのケアが必要です。
外の対策としては、目を温めたり、目を動かして、目の筋肉をほぐす、などがあります。
内の対策としては、目の健康に必要な栄養をバランスよく摂ることです。
では、目の健康に必要な栄養とは?

ビタミンA

目の粘膜を保護する。
鳥や豚のレバー、うなぎ、ニンジン等に多く含まれる。

ビタミンB1

目から脳への神経伝達機能をサポートする。
不足すると疲れ目の原因になる。
豚肉、豆類、牛乳等に多く含まれる。
アルコールは、ビタミンの効果を減らすため、積極的に摂取したいときは、控えたほうがよい。

ビタミンB2、B12

細胞の再生を促進し、粘膜を保護する。
鳥や豚のレバー、うなぎ、いくら、ウニ、納豆等に多く含まれる。

ビタミンC

水晶体に多く含まれる成分で、抗酸化作用がある。
コラーゲンを合成し血管を強くする働きも。
ビタミンCが不足すると目の充血の原因になる。
また白内障の原因にもなる。
ピーマン、ゆず、アセロラ、パセリ、キャベツ、キウイ、明太子等に多く含まれる。

ルテイン

人体では目の網膜にのみ含まれる成分
活性酸素を除去する抗酸化作用が高く、目の健康全般に役立つ。
紫外線のダメージや、スマホやパソコンのブルーライトから、目を守る働きもある。

このように、多くの栄養素によって、目の健康は守られています。
上記のような栄養素がきちんと食事でとることが理想的ではありますが、毎日のこととなると大変です。

お手軽なコンビニの食事やファーストフードばかりでは、栄養不足に陥ってしまいます。
マッサージを受けたり、健康グッズを購入しても、そもそもの栄養が不足していると改善しにくいです。

栄養を摂った上で、目のケアをすることで本来の疲労回復効果が期待できます。
また、ビタミンもルテインも体内で合成できないので、食べ物から摂らないといけません。

Sponsored Link

栄養を摂るうえで注意すべき点について

栄養を摂るときに気をつけるべきこと3点をお伝えします。

1)バランスよく摂取すること

目の健康にブルーベリーを食べたら良い、と聞いたことがあるかもしれません。
でも、ブルーベリーだけを食べても効果は期待できないのです。

その理由は、目の材料になる栄養は、説明したようにたくさんの種類があるからです。
特に、ビタミン類は相互に関連して働くので、バランスよく摂る必要があるためです。

2)栄養は薬ではない

必要な栄養を摂るのと、身体の不具合を治すために飲む薬とは役割が違います。
栄養は本来の身体の力を発揮するために摂るものです。

ですから、毎日続けることが何よりも重要です。
即効性を期待するものではありません。
なお、重度の症状が見られる場合は、医者の指示に従って薬の服用も怠らないでください。

3)食べ物だけでは摂りにくい

仕事や家事で忙しく、毎日バランスよく、目に必要な栄養素を食事から摂ることは、手間がかかったり、続けることはなかなか大変かと思います。

しかも、野菜の品種改良が進むにつれ、野菜によっては含まれるビタミンが1/2以下に減少している現実があります。

そこで、継続的に必要な栄養素をお手軽に摂ることができるサプリメントを使う人が増えているのです。

しかし、サプリメントだけに頼るのではなく、できるだけ食事で野菜や果物をとって、足りない栄養をサプリメントで補いましょう。

ドラッグストアには、いろんなメーカーのサプリメントが販売されています。
また、インターネットで検索すると沢山の情報がでてきます。

一体どのサプリメントが一番効果あるのか分からないですね。
そこで、評判の良いサプリメントをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

目の健康に役立つ栄養を補給できるサプリメント

朝のルテイン


ルテイン:40mg(ニンジン77本分)
プラセンタ:6,000㎎
ゼリー状でおいしく食べれる
金額:1日約260円(初月は130円)
返金保証:なし
送料:無料
ルテインとプラセンタに特化した、ゼリー状のサプリメントです。
ルテインの効果を引き出すことに成功していますので、その他の栄養がしっかり摂れている方向けです。

 

北の国から届いたブルーベリー


ビルベリー配合量:20mg
その他成分:コエンザイムQ10、メグスリノ木エキス、βカロテン、DHA・EPA、カシス
金額:1日約69円
販売数:700万袋突破
返金保証:3ヶ月全額返金
送料:216円
実績で選ぶならこちらのサプリメントかもしれません。
ビタミン類は野菜や果物などから十分摂りながら、その他の足りない栄養を補給しましょう。

Sponsored Link

まとめ

パソコンやスマートフォンを子供から大人まで使う時代になりました。

スマホやパソコンが目に悪い訳ではなく、同じ画面をずっと凝視させているのが良くない原因です。

目の回りの筋肉が眼精疲労の原因となるので目の回りの筋肉を柔らかくして血行が良くなるように目をつぶって休ませたり、遠くを見たり、温めたりするのもおススメです。

最近では、どんどん目が良くなる3Dのアプリなってのもあるみたいですね。
試しにインストールしてみるのも良いと思います。

目の疲れが慢性化すると、日常生活に支障がでてきます。
大切な目を守る為に、身体の内から外から予防していきましょう。