朝日豊年太鼓踊の交通規制と駐車場情報!見学した感想と楽しみ方のポイント

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

朝日豊年太鼓踊へのアクセス

公共交通

JR東海道本線 近江長岡駅からバス 10 分 朝日下車またはJR北陸本線 長浜駅からバス 15 分下車

自動車

米原IC・長浜ICから車で約15分

Sponsored Link

朝日豊年太鼓踊の交通規制と駐車場情報

朝日豊年太鼓踊の専用駐車場の設置はないため、近隣のグリーンパーク山東駐車場の利用となります。

〒521-0221 滋賀県米原市池下 米原市池下80−1
グリーンパーク山東

お問い合わせ先は米原観光協会
TEL:0749-58-2227

Sponsored Link

朝日豊年太鼓踊を見学した感想

地方の祭りを見に行くのが好きで、毎年行けそうな祭りを探しては有名な物やあまり知られてない祭りを探して雰囲気を味わうのが趣味で日本遺産の朝日豊年太鼓踊に行ってきました。

自分で自動車を運転していったんですが、有料道路から下車して約15分ぐらいの場所にあって、かなり交通アクセスは良かったです。

観光客に見てもらう祭りというよりは、地元の伝統行事のようで専用の駐車場は無くて、付近の駐車場を探して停めました。

祭りは田んぼのあぜ道を太鼓を叩きながら進むので、その周辺の交通規制はありましたが、特に気になりませんでした。

地元の住民のほとんど参加しているのかメインの神社の境内の舞ではつま折笠に緋こてとカルサン袴を着たお年寄りや大人や幼稚園児ぐらいの子供まで混ざって、みんな太鼓を抱えてポンポン叩きながら、独特のリズムで踊っていました。

相当練習したようでみんなほとんど乱れる事無く踊っている様子をかなり間近で見られて、迫力があって感動していつの間にか自分も太鼓のリズムに合わせて手拍子してました。

開催日はかなり晴れて汗ばむ天気でしたが、神社の境内には木の生えた日影のある場所が多くて、そこから座って見られるのでかなり快適に見学できました。

踊りも何種類もあって、休憩を挟みながらすごく長時間続いて見ごたえがありました。

特にラストの信楽の囃子は太鼓を持って全員参加で踊りまくるので、迫力があって見ごたえ最高で感動しました。

Sponsored Link

朝日豊年太鼓踊の2018年行事日程

朝日豊年太鼓踊の公式サイトはこちらです

朝日豊年太鼓踊の紹介