増加傾向にあるアレルギーから我が子を救おう!!妊娠中から出来ることはないの!?

アレルギー

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今はよく聞くようになったアレルギーですが、一言にアレルギーと言っても、花粉症やハウスダスト、アトピー、動物、食べ物…さまざまなアレルギーがあります。
 
 
アレルギーの症状が重く、アナフィラキシーショックに陥ると、命に関わる危険性があります。

一歳児のうちは4人に1人が卵を除去している。
 
 
アレルギーを抱える人が、ここ5年で2倍に増加している。

と、言われている今、我が子をアレルギーから守る方法はないのでしょうか。
 
 
そこでアレルギーについて理解を深めながら、妊娠中からでも出来ることはないのかなど、対策についても紹介していきたいと思います。

 
 

アレルギーは遺伝!?

そもそもアレルギーというのは、「特定の物質(花粉、ダニ、食べ物など)に対して、過剰に免疫が働き、さまざまな症状(咳、蕁麻疹、発疹、鼻水など)を生じる」ことを言います。
 
 
アレルギーを持つ人が増え、飲食店でもアレルギー対応のメニューがあったり、さまざまな対策グッズもはつばされていますが、アレルギーを持つ人が快適に生活出来る環境になっているとは言い切れません。
 
 
ですから我が子も、アレルギーから少しでも守れるのであれば、その方法を知りたいですよね。
 
 
妊娠中と言えば、禁煙、禁酒、薬の服用についても制限があったりと、なにかと母体に気を使わなければなりません。

赤ちゃんに何か影響するのではないかと、食べ物や飲み物にも、気を使っている方も多いのではないでしょうか。
 
 
息子も皮膚が弱く、皮膚科に通うことがあったり、食べ物にも強いアレルギーがあり、除去を続けていましたが、必ずと言っていいほど、お医者さんからは、
「お父さんかお母さん、アレルギーある?」
と聞かれます。
 
 
果たして、アレルギーとは遺伝なのでしょうか?

遺伝だとしたら、親がアレルギーであれば、子供のアレルギーは避けられないのでしょうか?
 
 
それはアレルギーの種類にもよるそうです。
 
 
実際に私も主人もアレルギーというものはほとんど無く、私がアクセサリーなどで金属アレルギーが起こる程度です。

しかし、息子は卵も小麦も全くダメでした。
 
 
まず、食物アレルギーに関しては、遺伝は全く関係ないようです。

妊娠中にあれを食べたから、これを食べたからと言って、子供がアレルギーになることはないそうです。
 
 
花粉症、喘息、アトピーに関しては、遺伝も多少関係しているそうですが、100%遺伝のせいではないそうです。

生まれてからの環境の中で、どれだけ花粉や、ハウスダストにさらされているかで、さらされている割合が多いと、アレルギーになりやすいそうです。
 
 
ですから、アレルギー自体が遺伝というわけではないが、アレルギー体質(反応が出やすい体質)は遺伝してしまうことがあるそうです。
 
 

Sponsored Link

妊娠中にできる対策はないの?

もちろん妊娠中に、たばこやお酒は避けなければなりません。

低出生体重や、早産のリスクがあるからです。
 
 
喫煙や飲酒によって低体重のリスクを抱えて生まれてくる赤ちゃんは、もちろん十分な免疫機能が備わっていない場合が多く、アレルギーの原因となる物質に対して、過剰に反応してしまうこともあります。
 
 
食べ物などについては通常の範囲内では、特に制限する必要はないですが、母親の食生活が、お腹の中の赤ちゃんの全ての栄養となっていることは、確かなことです。
 
 
ですからしっかりとバランスの良い食事を心掛けて、睡眠不足や、疲労などに関しても同じですが、母親の健康を損ねないような、生活をすることが大切です。
 
 
母親の健康に気を付け、お腹の中の赤ちゃんが、十分に発育できる環境を作ってあげるということです。

元気で健康な赤ちゃんが、生まれてきてくれるように、お腹の中の快適な環境作りが大切だということですね。
 
 

Sponsored Link

私の失敗から、これから産まれてくる赤ちゃんにはたくましく産まれて欲しい

私は、妊娠に気が付くまで、喫煙していました。

そして急な妊娠がわかってから、とっさに禁煙したものの、今後の生活に不安を抱き、ろくに食事を取ることも出来ませんでした。
 
 
その結果が息子にアレルギー生活をさせてしまうことになったのだと、何度も自分を責めました。
 
 
自分の妊娠がわかってから、とても気持ちにも生活にも余裕がなく、先の不安ばかりが大きく、お腹の中の息子にあまり良い環境を作ってあげられなかったと、後悔しています。
 
 
それからというもの、育児について、アレルギーについて、さまざまなことを調べ、息子に最善な方法をと、試行錯誤してきました。
 
 
おかげさまで元気にたくましく成長し、たくさんの事を乗り越えて成長してくれた息子には感謝しています。
 
 
この経験から少しでも多くの人に正しい情報や知識を広め、同じような思いをする人を減らせたらいいと考えています。

やはり自分の子供は、何にも代えがたい、大切な宝物です。
 
 
私が守れることは全力で守って上げて、成長を応援していきたいですね。