冬の必需品の加湿器!新品を選ぶポイントは掃除のしやすさ?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

冬の必需品になりつつ加湿器ですが、みなさんはどんな加湿器を選びますか?

冬の季節になると湿度は低くなり、その分のどや鼻の調子が悪くなりやすくなります。

呼吸器官やのど、鼻がもともと弱い人であれば、冬場のウイルスで風邪をひきやすくなるなど体調不良が起こりやすくなっていくわけです。

そして、そんな湿度が低くなるタイミングでおすすめになってくるのが加湿器です。

加湿器は人工的にその空間の湿度をあげていくことが出来るので、のどや鼻の調子を良くすることが出来ますし、また風邪防止にも大きな効果があります。

最近では部屋の湿度をあげるだけでなく、空気をきれいにするなどプラスαの機能がついているものもあるので、とりわけおすすめになってきます。

具体的にどのタイプの加湿器を購入するのかはそれぞれの好み、予算によって異なってきますが、まずはそれぞれの加湿器の機能やメリットをしっかりチェックしていくことが大切です。

持ち運びに優れたコンパクトなタイプ、加湿性能が高いもの、消臭や殺菌効果が高いタイプ、それぞれで機能が充実していればいる程価格は高くなっていきますが、その分健康面、美容面で得られる効果が高くなっていきます。

ある程度各商品の性能を理解した上で、自分の生活により合ったものをチョイスしていくようにしましょう。

Sponsored Link

加湿器の掃除はめんどくさい!そんな方へおススメの加湿器はこちら!

加湿器を購入する際、まずチェックしておきたいのがその価格や性能ですが、実際に使用していく中でいくつか見逃せないポイントがあります。

その一つが加湿器の掃除についてです。

加湿器は水の入ったボトルを設置してその水で空気を加湿していきます。

機械内は常に水が循環している状態になるので、必然的に汚れもたまりやすくなるわけです。

加湿器の種類によってはその掃除が非常に手間がかかるものもあります。

専用のブラシなどを使用しないといけないもの、または素人では機械内部の掃除まで行き届かないものまであるので注意が必要です。

加湿器をわざわざ掃除する必要があるのか?と疑問に思われる人もいるかもしれませんが、機械の中で繁殖した雑菌やカビが加湿器から発せられる蒸気を介して部屋全体に広がってしまう恐れも時にあります。

それこそ体には悪い影響が出てしまいますし、不衛生極まりない状況です。

加湿器の掃除が面倒くさい、苦手という場合には掃除が手軽にできるタイプの商品がお勧めです。

それこそ分解がしやすいものやフィルターを交換するだけで機械内部をきれいにすることができるものなど、手入れのしやすさを売りにしているものがうってつけになってきます。

機能によって値段も様々な加湿器!コスパの良い加湿器ランキング!

先にも挙げたように、加湿器はその機能、デザインなどによっても価格が大きく異なってくることになります。

予算を考慮すれば安いものを購入するに越した事はありませんが、それでも消臭機能などプラスαの機能は重視するべきです。

そこでおすすめになってくるのが、人気の加湿器の中でもとりわけコストパフォーマンスに優れている商品です。

スチーム式の加湿器であれば目に見える状態でタンク内の水が蒸気になり、部屋全体に広がっていきます。アロマ機能がプラスされているものも多く、タンクの取り外しなど手入れもしやすいので初めて加湿器を使用するという人にもおすすめです。

商品によって多少の違いはあるものの、多くが数千円代で購入することが出来るので、コスパを重視する人にも打ってつけです。

この他、部屋の空気をきれいにする機能もプラスするのであればシャープのプラズマクラスターもおすすめです。

安いものであれば1万円代で購入することが出来ますし、機能がよりスチーム式のものよりも機能が充実しています。

何より、イオンの力で部屋の消臭も可能になってくるという点は、大きな魅力となっていきます。

実際、ネット上のランキングでも上位を占めることが多いプラズマクラスター、まずは一度詳細をチェックしていくようにしましょう。

Sponsored Link

部品の狭い隙間も簡単キレイ!おすすめ掃除グッズはこちら!

加湿器の内部の汚れを掃除する際、気を付けておきたいのがその細かな隙間に残った水垢です。

どれだけこまめに加湿器を掃除していたとしても、細かい部位に残った水垢は完璧に取り除くことはできません。

それこそ、目の細かいブラシや綿棒などを使って汚れを取り除いていく必要があります。

とは言え、本当手の届かない、部品の狭い隙間の汚れはどうやって落としていけばいいのでしょうか?

おすすめになってくるのが、ご家庭の掃除でもよく目にするクエン酸です。クエン酸は水垢など、アルカリ性の汚れを落とすのにはうってつけのアイテムで、薬局はもちろんのこと、最近では100均などでも簡単に購入することが出来ます。

水で溶かしたクエン酸を使って加湿器の内部を掃除していく、食品にも使われることがあるクエン酸ですから、人体にも影響がありません。

化学成分を多く用いた洗剤などであれば、洗浄力は高いかもしれませんが、その分人体への影響が懸念されます。

その点、クエン酸であれば安全性を十分に考慮した上で、気にある水垢汚れをきれいに一掃していくことが出来ます。加湿器の掃除をこれから徹底していきたい、体に安全な方法できれいにしていきたいという人は参考にしていくといいでしょう。