AGA治療

誰も教えてくれないAGA治療のデメリットを徹底解説します。

投稿日:

TVCMの効果が「AGA治療」という言葉が一般にも浸透してきました。
「薄毛は病院で治すもの」というイメージがついてきたのもCMの効果かと思います。

ですが、AGA治療のデメリットやAGA治療薬の副作用について調べたことはありますか?
私は、AGA治療のデメリットをしっかりと調べたところ、副作用に恐怖を感じてAGA治療を受けないことを決めました。

育毛剤をメインに薄毛治療を行っている方ですと、副作用についてとても気を使っているかと思います。
ですが、病院に処方してもらうのだから安心だろうと、AGA治療を受けている方の中には副作用すら全く知らない人すらいるのです。
チャップアップのように副作用の心配の要らない育毛剤もありますが、病院の治療薬はそうはいきません。

今回はこれから薄毛治療を始める人にこそ読んでほしい、AGA治療のデメリットをご紹介いたします。

AGA治療のデメリットを徹底解説!

B24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096 s

料金が高い

AGA治療は保険適用外のため、全額負担となってしまいます。
診察料や治療薬の費用などをプラスしていくと1万円近い出費となってしまいます。

AGA治療というのは、半年、1年で完治する訳でなく3年、4年と長期間に渡る継続した治療が必要です。
そのため、その間毎月1万円の出費というのはかなりの負担がかかってしまいますよね。
更に、サプリメントやシャンプーの費用など、驚くほどのお金がかかってしまうため、治療を受けはじめる前に予め料金の事も考えておく必要が出てきます。

AGA専門クリニックは自己責任

AGA専門クリニックに通っていれば安心。
そんなイメージがあるかもしれませんが、AGA専門クリニックは全て自己責任にうけることとなっています。

  • 副作用がおきても自己責任
  • 髪が生えなくても自己責任

全て説明があるかと思いますが、100%副作用が起きない、100%髪の毛がふさふさになるという保証はしてもらえません。
それを理解した上で治療をうける必要があります。

AGA治療薬の驚くべき副作用

チャップアップのように無添加の育毛剤であれば、大きな副作用というのは起きにくいのが一般的です。
ですが、AGA治療薬の場合はそうとは限りません。
一般的なAGA治療薬は以下の2つ

  • ミノキシジルタブレット
  • プロペシア

ミノキシジルタブレットは髪の毛の他にも体毛が濃くなることで知られています。
さらにプロペシアは精力減退効果があるとも言われています。
副作用が100%現れるわけではありませんが、しっかりと理解した上で、使用するようにしましょう。

AGA治療薬のデメリットをしっかりと理解しよう

AGA治療を行うということは、

  • 費用
  • 期間
  • 副作用

この3つと戦う必要がでてくるという事を理解しなければなりません。
私は、初めのうちは副作用がでなくても2年3年と長期的に薬を服用する内に副作用がでるのではないかという恐れから、チャップアップを使用する事にきめました。
あなたもAGA治療のデメリットを理解した上で、どのような治療を行うかを選択するようにしましょう。

-AGA治療

Copyright© チャップアップの効果は?抜け毛防止と増毛活動実践記! , 2017 All Rights Reserved.