次世代放送の4K8K衛星放送が開始!チューナーやアンテナは何が必要?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2018年12月1日から新4K8K衛星放送が始まります。

地デジのBS・110度CSの現行放送に加えて新しくBS・110度CSで始まる新4K8K衛星放送です。
 
 

様々なジャンルの番組を臨場感あふれる高画質な映像で楽しむことが出来ます。

現在のハイビジョン放送よりも高精細で美しい映像です。
 
 
テレビ放送における大きな転換点となるので楽しみにしていたという人も多いのではないでしょうか。

2018年12月1日から始まるBS・110度CSによる4K・8K放送の全てのチャンネルを見るためには、4K8K衛星放送対応テレビとアンテナが必要になります。
 
 

4K8K衛星放送対応テレビは今後様々なメーカーから市販されるのでチェックしておきましょう。

4k8k衛星放送に必要なアンテナはどんなもの?

4K8K衛星放送対応テレビが無くても、現在市販されていて普及が進んでいる4Kテレビでも新4K8K衛星放送を見ることが出来ます。

その場合は、4K8K衛星放送対応のチューナーとアンテナが必要になります。

4Kテレビを買ったばかりでしばらくは新しいテレビを買う予定がないという人は現在使用しているテレビをそのまま活用して新4K8K衛星放送を楽しむことも可能です。

 
 
自分のライフスタイルや予算や環境に合わせて視聴方法を選ぶことが出来ます。

NHKとBS民放の4K放送は現在使用中のBSアンテナと受信設備でそのまま視聴することが可能ですが、新しい電波を使う8K放送を視聴するためには対応したアンテナが必要になります。

Sponsored Link

4k8k衛星放送のスタートにnhkの対応は?

NHKでは新4K8K衛星放送の開始に先駆けて、技術検証と新4K8K衛星放送の普及推進を目的としてBSで試験放送が行われています。
 
 

見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

NHKでは現在のハイビジョン放送を超える新4K8K衛星放送をスーパーハイビジョン放送と総称し、様々な番組制作を進めています。
 
 

4Kはハイビジョンの4倍で8Kは16倍の画素により超高精細映像を美しく鮮やかに映し出す次世代のテレビ放送技術で音響も立体的なので、圧倒的な迫力と臨場感を体感することが出来ます。

 
 
まるでその場にいるかのような錯覚に陥るような未知の体験が楽しめます。

NKHの番組表をチェックして、まずは試験放送でそれを実感してみましょう。

Sponsored Link

4k8k衛星放送に対応した番組は何があるの?

新4K8K衛星放送では今後様々な魅力的な番組が放送される予定です。

その中でも最も期待出来るものといえば東京オリンピックではないでしょうか。

 
 
スポーツの映像をその場にいるような臨場感で堪能することが出来ます。

スポーツだけではなく、自然や化学や音楽や映画やドラマやイベントや美術や歴史や文化やエンターテイメントやニュースなど、様々なジャンルの番組を高画質で視聴することが可能です。
 
 

現在2018年12月1日の本放送開始に向けて様々な番組が製作されている最中ですので、本放送開始の日を楽しみに待ちましょう。

2020年の東京オリンピック開催までには4K8K衛星放送対応テレビやチューナやアンテナの普及も進むでしょう。

Sponsored Link

4k8k衛星放送で気になる受信料

新4K8K衛星放送におけるNHK受信料についてですが、料金が高くなったりすることはありません。

 
 
NHKの受信料は地上契約と衛星契約の2種類に分けられており、衛星放送を見る場合は地上デジタル放送にプラスして受信料を支払う必要があります。
 
 

新4K8K衛星放送の受信料は衛星契約に含まれているので、現在NHKの衛星放送を視聴している人は、受信料そのままで新4K8K衛星放送も楽しむことが出来ます。
 
 

2018年12月1日の本放送までに現在の契約状況を確認しておきましょう。

現在地上デジタル放送のみを視聴している場合は新たに衛星契約を済ませておく必要がありますし、NHK以外のチャンネルにおいては有料と無料のものがありますので各々のチャンネル毎の確認が必要になります。