家族で楽しむバーベキュー!手頃価格でも美味しくなる肉の下ごしらえ

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

家族や知人とバーベキューを楽しむなら、食材もいろいろと用意したいですね。

やっぱりメインは肉!ではないでしょうか。

お腹いっぱいお肉を食べるぞ~となると、お値段もそれなりにかかってしまいます。

バーベキュー用の高いお肉でなくても、お手頃価格で手に入るお肉をまろやかおいしくいただく方法があります。

スーパーの安い肉も下ごしらえさえすれば、美味しく食べられるのです。

気軽に手軽に食べられるバーベキューのお肉、そのコツをお伝えします。

  1. 下ごしらえと一緒に漬け込むもの
  2. ジップロック

この3つのアイテムで、安かったお肉が大変身。

密封できるジップロックの中で漬け込むことにより、まんべんなくお肉をおいしくすることができます。

おまけにそのままバーベキュー会場までもっていくことができます。使用後は捨てられるので、実に手軽ですね。

下ごしらえと一緒に漬け込む

果物に漬け込む

実践している人も多いでしょう。果物をすりおろして、10~15分漬け込むことでお肉が柔らかくなります。

リンゴやナシ、キウイフルーツ、パイナップルがお勧めです。

ただし長時間漬け込むと逆効果。果物の風味が強調されて、お肉本来の味が弱くなります。

10~15分であれば、バーベキューが始まる直前に漬けて、後から焼くようにしてもいいですね。

牛乳に漬け込む

肉に牛乳を振りかけます。一晩つけておくだけで柔らかくなります。

うっかり忘れても大丈夫。30分以上漬けることで柔らかくなるので、当日の朝や出発直前でもいいので、ジップロックの中にほりこみましょう。

コーラやビールに漬け込む

炭酸にはお肉を柔らかくする効果があります。自宅にあるコーラやビールに漬け込んでみましょう。

独特の風味があるコーラやビールですが、お肉に風味が移る心配はありません。

それでも気になる人は、焼く前に軽く水で洗い流すといいでしょう。

野菜と漬け込む

玉ねぎやマイタケにもお肉を柔らかくする効果があります。お肉と一緒に前の夜から漬け込んでみましょう。

玉ねぎにもしっかりと味がしみ込んで、相乗効果があります。玉ねぎとお肉の相性は抜群です。

それぞれ漬け込んだお肉をジップロックに入れてしっかりと口を閉じましょう。

そのままアイスボックスなどに入れて保冷しましょう。夏の暑い時期など、ちょっとの油断でお肉が悪くなる場合があります。

せっかくの楽しいバーベキューです。食材の管理もしっかりとしたいですね。

自宅の庭で焼く場合でも、アイスボックスに入れておくほうが衛生上安心です。

同じお肉でも漬け込み方が変わると風味・味も違って感じるかもしれません。

せっかくですから、ちょっと実験してみるのも楽しいですよ。

Sponsored Link

焼いたお肉の食べ方

色々と工夫して漬け込んだお肉が焼けたら、タレにもこだわってみましょう。

タレと一緒に漬け込んでいればそのまま食べることもできます。

同じお肉でタレを変えて食べ比べるのもバーベキューの楽しみ方の一つでしょう。

ポン酢、醤油、こしょう、塩、レモン、大根おろし、おろしにんにく、おろし生姜、みりんなど、いろいろ並べてオリジナルのタレで楽しむのはいかがでしょうか。

Sponsored Link

バーベキューの主役はやはり牛肉

バーベキューとなるとやはり牛肉が主役でしょうか。

適当な大きさに切って焼くもよし、塊肉をじっくり焼くもよし。

ハンバーガーのようにはさんで食べる時には、ミンチや荒く切った肉をハンバーグ状にして焼くのも面白いと思います。

子供はハンバーグやハンバーガーが大好きです。

自分オリジナルのバーガーを作ってみませんか。

簡単ハンバーグの作り方
 ミンチ肉とみじん切りの玉ねぎ、塩コショウをよく捏ねましょう。粘りが出てきたら小分けにして好きな形にして平らにします。ワックスペーパーを挟みながらジップロックに入れておけば、すぐに焼くことができます。

鶏肉もカットされた肉を甘辛いたれに漬けたり、塩コショウでシンプルに食べるなどいろいろ楽しめます。

レモンを絞ったさっぱりタイプもおいしいですね。

焼き鳥屋さんのように串に刺して焼いてみるのも楽しいでしょう。

豚肉は人気がないかもしれませんが、味噌に漬け込んだ肉は独特の風味があって美味しいです。スペアリブを手づかみでガブリ、なんてバーベキューでないとできない食べ方かもしれません。

体育会系にはうってつけのノリだと思います。

Sponsored Link

まとめ

スーパーでお手頃価格のお肉が売っているときがあります。

でも安い肉は硬いかも、筋が多いかも、と躊躇しないでください。

紹介した方法で柔らかくする方法がご理解いただけたと思います。

いきなり沢山買うのが心配なら、自宅用に少しだけ買って試してみましょう。黙って家族に出して誰も気づかなかったら大成功。バーベキューの時も安心です。

お肉の量の目安は大人一人で200gと言われますが、個人差がありますので、メンバーを見て考えてください。

よく食べる人がいても、この下ごしらえで安心ですよね。特売品も交えながら、美味しく経済的にバーベキューを楽しみましょう。