シュトーレンが大人気!今年はお取り寄せを試してみない?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

クリスマスの伝統菓子シュトーレンってどんなお菓子?

シュトーレンはドイツのお菓子で、シュトレンとも呼ばれています。

日本ではシュトーレンと呼ばれることが多く、ラム酒といった洋酒に漬け込まれたナッツやドライフルーツなどが生地に含まれていて、表面はたっぷりの砂糖がふられているお菓子です。

見た目が美しく、白い産着に包まれている幼子だった頃のイエスをイメージしていると言う説もあります。

日持ちとしてはシュトーレンの素材によって異なりますが、1ヵ月以上もつことが可能です。

食べ方としてクリスマスの1ヵ月前からクリスマスを待ち、毎日少しずつスライスして食べるのが一般的にです。

日を重ねるごとにラム酒やフルーツといった風味が生地になじみ、熟成していくプロセスを楽しむことができるでしょう。

もともとシュトーレンに使用している食材は高価だったので、少しずつ味わいながら食べるということが広まったとも言われています。

シュトーレンにはいろいろな種類があり、分量や呼称などに法律において定義付けされているものがあり、奥の深いお菓子です。

最近ではいろいろなお店で販売しているので日本にいながらドイツの伝統的なお菓子の味を経験することができ、見た目も美しく濃厚なラム酒やフルーツを楽しむことができるでしょう。

Sponsored Link

シュトーレンをクリスマスまでに食べるのには意味があるってほんと?

クリスマスにシュトーレンを食べることは、キリスト教の布教などの意味があります。

イエスの幼子をモチーフにしていたり、司教に献上した食べ物などの宗教的な意味合いも結び付けられています。

16世紀以降食文化の変化や宗教改革などをきっかけにして今のような形状になりました。

食べ方にも意味があり、食べるのはアドヴェントと呼ばれているクリスマス4週間前のそれぞれの週末です。

週末にキリスト誕生の日が近づいて来るというお祝いを行いながら、スライスしたシュトーレンを食べていきます。

少しずつ食べることから気持ちを盛り上げるという意味も込められているでしょう。

日持ちする食べ物なので保存するにつれ味が熟成するのが特徴です。熟成した味を楽しむ意味もあり、もともと長い形のパンを「シュトリーツェル」と呼んでいたのでそれが変化し「シュトーレン」になったという説もあります。

最初司教へのクリスマスの断食用パンとして献上されていて、白い砂糖をかけ、イエスをイメージしたのでクリスマス用贈り物に最適だったそうです。

ドイツのザクセン地方では方言から膨らんだパンを「Stollen」と呼んでおり、いろいろな言葉が合わさってクリスマスの前に食べる長細いパンという意味になったと言われています。

お取り寄せシュトーレンのおすすめ8選

最近ではいろいろな店舗でシュトーレンを見かけることができ、インターネットなどを利用すると簡単にお取り寄せすることが可能です。

・神戸にある「フロインドリーブ」はシュトーレンが有名で、幅広い種類の中から選択することが可能です。

・「大丸松坂屋」のネットショッピングからも注文することができ、生地にフレッシュバターやドライフルーツなどが多く含まれていて味に深みがあります。

・「和楽紅屋」は和のスイーツ専門店で、和の素材を使った少しかわったものも購入することができるでしょう。マロングラッセや黒豆・アーモンドクリームなどを混ぜ込んで、オリジナルの味を演出している店舗も人気です。

・「オーセントホテル小樽」は1999年から製造しており、たっぷりのアーモンドのうまみが溶け込んでいます。

・「ツオップ」はじっくり漬け込んだドライフルーツを使って贅沢に仕上げたものもあり、上品な味わいを体験することができます。

・「トラン・ブルー」は全国から注文があり、レーズンやピールなどを練りこみ大切に焼き上げられています。

・「コム・シノワ」は神戸のブランジェリーで、大粒の栗やクルミなどを楽しむことができ落ち着いた味わいです。

・「タンネ」はラム種やスパイスで香りづけており、素朴な味わいが魅力です。

Sponsored Link

シュトーレンをおいしく食べるための上手な保存方法は?

シュトーレンの上手な保存方法は、切り口をくっつけ全体をラップで巻きましょう。

更にアルミホイルを巻き、巻き終わるとジップロックといった保存袋などに入れ、できるだけ空気を抜いてから口を閉じてから保存します。

できるかぎり乾燥しないようきちんと密着させて保存するのがポイントです。

保存は基本的に常温で大丈夫で、もともとシュトーレンは冷蔵庫の中に入れなくても常温で保存することができます。

冬場に食べることになるので暖房を気にすることになりますが、暖かいと劣化が速くなるので暖房のない部屋だったり、直射日光があたらないような場所がおすすめです。

高温多湿の場所を避け、湿気のないような冷暗所に置くと良いです。

10~15度くらいが適温で、一般的に2ヶ月は食べることができます。

しかし現代の家は構造上、高気密で高断熱住宅が多く、涼しい場所がないケースもあるでしょう。

例えばシンクの下は湿気がこもるので適しておらず、そのような時は冷蔵庫がおすすめです。

もし長期間食べない場合冷凍保存も良いでしょう。

シュトーレンを薄く切り、1枚ずつラップに包んでアルミホイルを巻き、冷凍用保存袋などに入れて冷凍庫で保存することができます。