お年玉の相場と我が子がもらったお年玉の管理はどうするのが正解なのか

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

あげる側になって初めて考えるお年玉

子供の頃はもらうだけだったので、お年玉の金額について深く考えた経験がないというケースも多いでしょう。

しかし、あげる側になってしまうとそうも言ってられません。

親戚づきあいが始まってからは、あげる金額について考えることが重要になってくるからです。

たとえば自分の子供がもらった金額より、相手の子供にあげる金額が極端に少ないと、けち臭い印象を与えてしまいます。

特に年齢が近い場合は、大体同額になるように気を配らなければなりません。

逆に自分の子供がもらった金額が、自分が渡した金額よりも著しく少ないと損をした気分になるでしょう。

それだけでなく、相手も恥ずかしい気持ちを味わうことになりかねません。

すなわちお金をもらうのは子供であっても、実際にはその後ろにいる大人同士のやり取りになるということです。

そのためお年玉の金額は、あらかじめ大人同士で打ち合わせをして決めておくのが望ましいです。

その際は大学までというように長いスパンで決めておきましょう。

双方の子供の年齢が離れていれば、単年で比べると金額の差が大きいのは当然です。

したがって、トータルで受け渡しする金額が同じぐらいになるように調整しておくのが基本となります。

Sponsored Link

お年玉の相場は何歳の子供にいくらなの?

大人同士で金額を決めるにしても、大体の目安が分かっていないと判断するのが難しいです。

そのため相談する前に相場について知識を仕入れておきましょう。

地域や時代などによっても違いがありますが、未就学児に渡すお年玉は1000円以下が一般的で、500円というケースも少なくありません。

風習として形だけ渡すというイメージです。

小学校に入学すると少しずつ増えていきます。

とはいえ、低学年の間は高くても3000円程度であり、実際には2000円というケースも多いです。

1000円以上が最低ラインであると認識しておくと良いでしょう。

一方で高学年になると最低ラインが3000円以上にアップしてきます。

小学生であっても高学年になれば、友達付き合いも増えてお金を使う機会が多くなるのが一般的です。

したがってお年玉が少ないと、内心で不満を持たれる場合もあります。

3000円から5000円の間で調整しておけば、そのような事態は避けられるでしょう。

中学生になったら5000円が相場になると考えている人が多く見受けられます。

一気に金額がアップするのが高校生になったときです。

1万円を渡す人がかなり多くなってきます。最低でも5000円以上を目安として考えておきましょう。

子供がもらったお年玉は親が預かる?子供に使わせる?

もう一つの問題として、もらったお年玉の管理が挙げられます。

未就学児のようにお金の意味が分からないぐらい幼いうちは、当たり前のように親がすぐに預かる形をとっても良いでしょう。

しかしお金の意味が分かってくる小学校の低学年からは、ずいぶんと頭を悩ませることになるかもしれません。

なぜなら、それを使って玩具などを買いたいという希望を口にし始めるからです。

低学年のうちは自分で買い物をするのが難しいので、希望を聞いたうえで親が預かるケースがほとんどです。

預けたまま忘れてしまう子供も多いでしょう。

しかし自分で買い物ができる高学年になると、親に渡すのを嫌がるケースも多くなってきます。

もし引き続き親が管理するスタイルでいくのであれば、子供を納得させる説明をしなければなりません。

しっかりと親が管理しておいて、成人したときなど人生の節目において渡してあげる方針のところも多いです。

そのような方針をあいまいにせずに説明してあげると、素直に渡してくれる可能性が高くなります。

一方で自立を促すために、もらった時点で渡してしまうのも一つの選択です。

ただし、使い切らずに自分で貯金することなどをアドバイスすることを忘れてはいけません。

Sponsored Link

家庭によって違うお年玉の使わせ方!我が家ではどうするのか夫婦で話しておくべき

結局のところ、もらったお年玉をどうするのかは家庭によって異なります。

多くの場合は自分の親がしていたスタイルを踏襲しがちですが、そのようにスムーズには決まらないケースも珍しくありません。

なぜなら夫婦でスタイルや考え方が違っているケースもあるからです。

よくあるのは父親は子供に渡せば良いと考えていて、母親は預かったほうが良いと考えているケースです。

たとえば父親はあまり深く考えずに。子供が喜ぶ姿を見たいという理由だけでそのように主張することがあります。

一方で子育てや教育を任されている母親は、子供に無駄遣いをさせずに将来に投資することを望ましく考えがちです。

どちらにせよ夫婦で意見が分かれてしまうと、実際にもらってから困ることになってしまいます。

できるだけ事前に相談して折衷案を見つけておくように心がけましょう。

たとえば半分だけ使わせて、もう半分を親が管理するというような案もよく選ばれています。

もちろん、どちらかの意見に説得力があれば、折衷案でなくてそちらを選んでも構いません。

お年玉とはいえ、積み重なっていくと馬鹿にできない金額になってきます。正月を迎える前に、しっかりと夫婦で話し合っておきましょう。